(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

サンクチュアリナイター大会「TOP OF Sanctuary」

 朝の9時過ぎに荘川を出発し、三重県いなべ市のフィッシングサンクチュアリさんで行われるナイタートーナメントに向かいました。岐阜羽島周辺で帰省ラッシュの渋滞があったので、各務原インターで降りて21号を関が原方面に向かい、長良川の堤防沿いを南下して大江川を通過して、養老の峠を越えて11時過ぎに無事に到着しました。

 本当なら肩慣らし的に釣りしたかったのですが、暑い昼間は体力の消耗を避けようということで、阿下喜温泉という銭湯の食堂施設でGREE友のいくぽんさん始め皆さんでお風呂に入ったあとに、宴会しながらグダグダしてました。

 大会時間になったので第3ポンドに移動し、受付の抽選をしました。3回戦までは1対1の対決です。初戦はM川君という若い子との対戦です。KZ君始めサンクで見かける若い中学生前後の方は、見るたびにうまくなってます。今回の審判はチームロリ鱒のこたさんとでした。私は後半組みで最初は審判だったのですが、目の前でこたさんVS悶絶和尚さんの壮絶な関西スプーニスト対決を真後ろで見てしびれておりました。前半組の釣り時間はまだ明るかったです。

 私たちの釣り時間になってM川君と対決になりました。20分2ローテですが、20分で一度インターバルを入れないので40分釣りっぱなしの対決です。M川君は静かに着実に釣っていきます。横で見ててあせりまくりです。私は最初中層を1gの前面グローで攻めに入りますが、まったく反応がなく差を離される一方・・・・。とりあえず冷静に考えて少し前にJUNくんやTAKUさんと第3ポンドで釣りした時に底ギリギリを引いて釣ったのを思い出し、大会レギュレーション1.5gギリギリのスプーンで攻めていく事にしました。ただ、真っ暗でまったく見えないので妄想で底近くを巻いてます(笑)どうもフルにグローのペイントされているスプーンは反応が良くない感じがしたので、片面だけグローが塗ってあるウィーパー1.5gの夜桜グローがハマり、時おりバラしながらも何とか追い上げてギリギリ逆転できました。

 2回戦はGREE友で何故か私の事を師匠と呼ぶバットニュースアレンさんとの対決でした。釣り座は浅いインレット側で、私はいつも浅い側が苦手なのですが、何とか5対3で勝ち抜け出来たのですが、両隣ではISEさんとうちのチームの黒ちゃんが景気よく釣ってます。ただ、浅いレンジのパターンがわからないので、迷子になりました。しかも何故かタックルにトラブルが出て、急遽持ってきたナイロンラインを巻いて間に合わせました。巻きかえる時に照明を提供してくださった、バットニュースアレンさんや、ケロロさんやチームのかんちゃんに感謝です。

 3回戦は最終的に2位入賞したISEさんとの対決で、釣り座は一番奥のアウトレットでした。少し前のチンプンカン状態から抜け出すのが少し遅れて、1回戦の底ギリギリパターンで開き直って追い上げましたが、1本足りずに10対11で敗戦しました。

 今回の上位入賞の方も普段の昼間のトーナメントとメンバーは変わらずと言った感じですが、夜で勉強になる大会で参加できて楽しかったです。
 
a0083638_0482177.jpg

by fbsgifu | 2010-08-11 00:48