(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

念の為の備え

 今週末は、日曜日にJOFI愛知の役員会が日曜日にあります。あえて釣りは行かずに予定はそれだけにしておきました。これだけ暑いとさすがに釣り場で倒れてもいけないし、お盆の連休までなんとか仕事を頑張れるように休憩日にしてました。しかしながら、家でじっとしてるわけではなく、ゴソゴソと作業をしておりました。
 
 少し前のゲリラ豪雨で、うちの床下に水が溜まってしまいました。地形的に高速道路の下にある我が家では、どれだけ雨が降ろうが水の被害にあった事は一度もなかったのですが、今回は雨の量が多すぎて下水道の処理が間に合わず、溜まった雨水が床下に入り込んでしまいました。ちょうど私が休みの日だったのが不幸中の幸いだったのですが、ひしゃくですくってバケツに入れて、バケツが一杯になったら外の排水溝に繋がる場所までバケツを運んで、水を捨てて・・・・・。という仕事を家族3人で4時間くらいやってました。

 少し前までバス釣り用のアルミボートとライブウェル(魚を活かしておくためのクーラーボックス)を持っていたのですが、2年前に全て売却してしまっていたので、「ライブウェル用のポンプと12Vバッテリーがあれば、こんな重労働しなくて済むのに~」と思いながらバケツで水を運んでいました。

 予備のライブウェル用ポンプが家に残っていたので、釣り具屋さんで船釣り用の電動リール用の小型12Vバッテリーを買い、ホームセンターでガーデニング用ホース10mと、配線用のコードと電極を挟むクリップを買ってきました。

 今日、配線を延長してホースにタイラップで締めて固定していき、接続部分をハンダで固定して排水用ポンプセットを完成させました!!
a0083638_0293264.jpg


 もしかまた床下に水が溜まってもある程度の水はポンプのみで掻きだせます。梅雨が明けたとたんに全く雨の気配がありませんが・・・・(笑)
 
by fbsgifu | 2010-07-25 00:41 | New アイテム
 今週は土曜日の17日(土)に郡上漁協さん主催の鮎釣り教室に生徒として参加する予定だったのですが、この前のゲリラ豪雨の影響で早々と木曜日の段階で中止の連絡をいただきました。

 なのでサンク第3ポンドに遊びに行こうかなぁ~。と思ってましたが、プラドーさんに誘われて郡上市美並にあるフォレストパーク373に行ってきました。ここはキャンプ場とか、大きい芝生の公園とか、家族が夏休みを過ごすのには凄くよい場所で、いくつかある施設の一部としてルアー釣りが出来る池があって、ニジマスが放流されています。ぱっと見た感じでは、野池です。

 今回はチームの隊長と、ここフォレストパーク373でたくさん魚を釣っている黒”ちゃんと、プラドーさん夫婦と、私の5人での釣行です。想像してたより現地が近かったので、集合時間よりかなり早く着いてしまいました。石徹白や荘川に行った帰りに、東海北陸道で美並インター過ぎたあたりで左側に池が見えるなぁ。と思いながら帰路についてたのですが、まさかそこが今日の釣り場だとは思ってもみませんでした。(汗)

 とりあえず、隊長と二人で桟橋に入りました。孤影さんにもメールでアドバイスいただいていたので、桟橋のインレット側に陣取ってオレ金ルアーを投げたら、景気よく釣れ続きました。3連休だったので、いつもより多く放流されているらしいのですが、朝一のチャンスタイムは勢いよくスプーンに突進してくる割には針掛かりが変なので、たくさんバラしました。しばらくしたら黒”ちゃんとプラドーさん御夫婦も来られたので5人で桟橋で釣りしてました。

 今日はマッチが3回あって2勝1敗でした。一敗はルアー選びに迷って後手後手になり、惨敗してしまいました。8時頃にはスプーンに反応が悪くなり、クランクでポツポツ絞りだすような釣りをしてましたが、私はインレットの1等地にいたので、何とか釣れ続きましたが、時間が経つにつれて気温が急上昇し、厳しくなってきました。

 その後手が尽きてきたので、インレットの表層付近の釣りを見切って、ボート桟橋横のブレイク狙いに切り替えて、ボトムクラピーで底をかすめるように引く釣り方でポツポツ数を稼いでいたのですが、1匹掛かった後にやけに走って行く魚が・・・・。30分以上のやり取りの末に上がってきたのは、63センチの鯉でした。(プラドーさん、ランディングと計測ありがとうございました)ボトムクラピーの「モーニングアタック」というカラーをがっつり咥えております。(汗)

 ここフォレストパーク373(みなみ)では、たくさん鯉が泳いでいるのですが、ルアーで簡単に釣れます。底ギリギリでルアーを引いてくれば、スプーンだろうがクランクだろうが簡単に口を使います。ごっつい竿で専門に狙うのも楽しいかもしれません。今日は3本掛けて、一本は無事にキャッチできた63センチ、もう一匹はボトムクラピーで掛けて、走られ方で太刀打ちできない感触だったので、スプールを押さえてリーダーから先を切りました。もう1匹はストライクダディーで掛けて、感触からして63センチよりは大きいが、何とかなりそうだったので30分以上粘ってみましたが、結局全てのラインを引き出されてラインブレイクでした。この前の柿田川釣行でパワフルなマスにロッドを何度も何度もぶち曲げられて、トラスト68の腰がいい感じで抜けた感触があったのですが、今日の鯉と2回に渡る1時間以上のファイトでさらにいい感じのスペシャルロッドに進化しました。

 昼過ぎには暑くなったので、湧き水が出ている場所の横に行って、涼を取りながらなんとか絞り出してました。見た目普通の野池にしか見えないのですが、あちこちで湧き水が流れ込んでいるみたいなので、夏場でも水温は大丈夫そうです。

 夕方には全く反応がなくなり、暑さが厳しいので朦朧としながら釣りしてましたが、真夏の平谷湖でディープクラピーを無理やり表層で使って釣ってたのを思い出し、試してみたらいい感じで連発して、64匹で終了しました。

 連休の放流情報を事前に入手して、誘ってくれた黒”ちゃんやプラドーさんに感謝です。夏場に64匹なんて出来過ぎです。次回は是非真夏のちょっと前に訪れて巻きの釣りを楽しみたいと思います。

a0083638_23181854.jpg

 
by fbsgifu | 2010-07-18 23:19 | エリアトラウト
 今日は、知多半島小野浦某所で行われた「投げ釣りコーチングスキル研修」に参加してきました。今日は晴れて暑くなるもんだとばかり思っていたので、研修会のみの参加で釣りをするつもりはなかったのですが、朝起きて曇っていたので前日入りしとけば良かったと後悔しました。しかも私が遅れてしまい、私の到着を待っていただいてまして、本当に申し訳ありませんでした。

 9月11,12日(土日)、9月18、19日(土日)に美浜少年自然の家主催の「親子初心者釣り教室」「音吉釣り塾」というJOFI愛知の一番中心になる活動までもう2ヶ月を切りました。大勢の釣り初心者親子の方に針が複数本付いた仕掛けで重たいオモリを使う投げ釣りを教えるのは本当に大変で、去年でも走り回る子供さんにどれだけヒヤヒヤさせられたかと思うと胃が痛くなりそうですが、その反面、初めて釣れて喜ぶ顔が見れるのも楽しみでもあります。

 そんな中、わざわざお忙しい時間を割いていただいて、私のような指導経験が少ないインストラクターにいろいろとレクチャーしていただいてきました。眠釣先生、O代表本当にありがとうございました。昨年に実戦の場を経験させていただいて、その後に秋と今回と研修していただいたので、より理解が深まりました。

 安全とルールとマナーを理解していただいた親子の釣り人の方をたくさん世に送り出す事は本当に大事なことなので、たくさん学ばせていただいて、どんなジャンルでも公的な方から要請を受けても恥ずかしくないインストラクターがたくさんいる組織の一員でいたいと思います。

 今日の研修の最後は浜に出て実釣だったのですが、思うように釣りが出来ないのでO代表に投げの特訓で、難易度の高い「V字投法」の指導を特別にしていただきました。どうしても前日管釣りでしこたまルアー投げしていたので、その癖が取れず苦労しながらですが、新しい投げ方を覚えました。目指せ150m越え。

 あっ、選挙は期日前投票で済ませてますよ(笑)
by fbsgifu | 2010-07-11 19:26 | 全釣りインストラクター活動
 7月10日(土)フィッシングサンクチュアリさんの第3ポンドで27匹釣って楽しんできました。

 今回は、筋肉坊主さんというリールのチューニングメーカーさんがサンクに来られてたので、私が最近入手した話題の旧TD-Z系リールをチューンしてもらいました。東海圏の市場ではめったに見ないですが、偶然多治見市のルアーショップアンドウさんで「イージス2004」の新品がお店にあったので、店長に頼み込んで誰にも売らない様に取り置きしてもらってました。サンクのAマネージャーさんにも「こんなん新品でよう見つけてきましたね~。」って言われました。先週の柿田川釣行で一度試してみましたが、やはりメタボンさんやIJさんに教えてもらった通り微妙なアタリがとりやすいリールでした。しかし旧タイプのリールなので巻き感が重いとか、ドラグ性能が現行品よりかなり劣るとか、ドラグ音が調節できないとか(これ重要)、ハンドルを交換しにくい(ZPIさんのタクティカルとか、メガテックさんのリブレとかに変えれない)など、トータルするとデメリットの方が多い気がしますが、それ以前にまず魚を掛けれないとそれらの意味がないので、このリールを何とか手を尽くしてカスタムし、戦闘力を上げて使っていきたいと思います。

 この日はその他、撮影をしたのはいいけど、一向にアップしないで連絡もしてこないGyoNetさんの件についてAマネージャーさんやKチーフさんに謝りに行ったり、釣りインストラクターの宣伝をしてもらいと私が用意したJOFIのユニフォームをAマネージャーさんにプレゼントしにいったり、いろんな用事を片付けたついでの第3ポンド釣行です(笑)

 いつものごとく微妙に朝一放流タイムのタイミングを逃して第3ポンドに到着しました。アウトの一等地にマイミクのJUN君がいたので隣に入れていただきました。私が付いてそうそうJUN君はいいペースで釣っています。朝一の放流はけっこういい仕事したそうです。

 3タックル持ち込んだので、ゆっくり糸を通しつつ9時半頃にスタートしました。まずはセイで表層やって、パームボールやペンタでボトムやって、スプーン投げて、いろいろと探りましたが異常なしでした。(笑)パームボールを投げても釣れるけどあんまり反応はよくないので、頭真っ白ですが、巻く方向で何か見つけようと試行錯誤してましたら、ボトムスレスレを巻いてくるという今日のパターンを発見して、スプーンでもクランクでも巻いて釣りました。ボトムダンスやデジ巻きなどでは反応せずに逆に魚が逃げていくくらいですが、ボトムスレスレを巻くとスイッチが入ってポロポロ釣れます。それでもパターンはそんなに長続きしないので、いろんなローテーションが必要です。この日に限ってなのかは解りませんが、クラピーの食わせのシャーベットカラーなどはかなり嫌われてました。私は主に派手な色のDクラをローテして、ボトムスレスレを通して釣ってました。スプーンも夏用に流れをたくさん効かせてあるので1g以下だと流されて低い層を引けないので、1gぐらいをデッドスローに引いてポツポツ釣ってました。

 昼前にインレット方面が空いたのでJUN君と移動しましたが、魚はいるけど反応があまりよろしくないので少しやってまたアウト寄りに移動しました。アイビーのタクさんが隣に来られたので、クールなタクさんと人見知りの私でボソボソとお話させていただきながら釣ってました。タクさんは「渋いっすねぇ~。」と言いながら静かにポツポツ釣ってみえました。それがもし大会だったらボディブローのように効いてくる感じで静かに着実に釣っていかれるんですよね~。(汗)隣で見てると魚を寄せてから釣ってるように感じてしまいました。

 2時半にはJUN君も40匹オーバーで用事があると帰って行かれました。私も同じ位にあがって早くリールをチューンに出して帰らないといけなかったのですが、夕方4時前までやってしまいました。(汗)最後はセイやらミノーやらを使って辛抱強く搾り出して27匹で終了し、ダッシュでサンクさんのクラブハウスに行って筋肉坊主さんにリールをお願いしてから帰路に付きました。

 サンクチュアリさんの第3ポンドは私が想像していたよりもはるかに水の温度が冷たくて環境がいいので、また練習に行きたいと思います。朝一の放流抜きで30弱なので、満足しています。

 
by fbsgifu | 2010-07-11 18:15 | エリアトラウト
 7月3日(土)、GREE友のりょうちゃんさんに誘われて柿田川フィッシュストーリーに行って、ナイターまでがっつり釣りして癒されてきました。静岡の管釣りはどこにいってもいつも度肝抜かれます。

 朝5時に出発して、何とか沼津インターに8時頃付いたのですが、ナビどおりに進んでも柿田の場所が解らず・・・。とりあえず到着して、一日券を買って、すでに3号池でデカいの狙いでハンティングされたりょうちゃんさんに挨拶をしてから、りょうちゃんさんの釣り座から見える1号池からスタートしました。

 3年前からどっぷりエリアに浸かり、修行と称して真夏の平谷湖で延々と釣りしてましたが、魚にとって過酷なので本当にシビアな釣りを要求されるので、それならば夏場は海でシロギス釣ったりしてた方が精神的にいいだろうと思っていたのですが、りょうちゃんさんの熱烈なお誘いを受けて柿田川まできてしまいました。数投してあっさりクランクで釣れ続くのでビックリしました。定期的に高田さんが一輪車で魚を放流してくれるのですが、それに合わせてオレ金投げても逆にそれまでのパターンで釣ってたほうが効率いいし(笑)10時頃までいた1号池では、水面近くを攻めれるクランク類で気持ちよく釣れ続きました。しかし、スプーンを投げると明らかに針を嫌っている日でもありました。

 人の話を聞いたりして、何号池がどうだとか、情報だけは持っているのですが、どこが何号池なのか解らないまま北4号で釣りをして、北3号が空いたと同時に移動しました。さっきまで釣りしていた1号池とは水深が深いので少しパターンが合わないのか少しだけ苦労しましたが、針を見切って嫌う日ならばということで、極度のリアクションであるパームボールを投入すると、怒涛の入れ食い状態に入りました。どこの池に行っても魚がでかいしサイズからすればかなり引きが強いです。張りが強いトラストがブチ曲がるので、「40センチくらいのが掛かったのか?」と思っても、上げてみると普通の30センチちょいのサイズでした。
 
 パームボールは釣れるのが解ったのですが、あまりに釣れ続くのと魚の引きが強すぎて疲れたのと飽きたので、釣り座を変えたらその場所だけ巻くものでも反応があるので、Dクラ、ボトクラなどで数を伸ばしました。

 昼過ぎに大雨になったので一旦車に戻り爆睡して、雨が止んだのでまた北3号で釣りしましたが、今度はその場所でも巻くものに反応がなくなってしまったのでパームボールで数を伸ばし、暗くなったら北1号に入りました。北1号奥に照明があって、私は2号寄りに釣り座を構えていたのですが、ナイター用のLEDライトを持ってくるのを忘れたので、照明側に2投して蓄光させて、2投暗い場所に投げるという荒業を炸裂させて釣り続けてました。最後の1時間は1号に戻り、そこには足元に照明があったので、スプーンを蓄光させて釣りました。

 ラストはりょうちゃんさんと終了時間まで何本取れるかのコーヒーマッチに突入し、大差で負けました・・・・。その直前まで釣れ続いていたので、余裕かましてましたが、スタートと同時に沈黙してしまいました(汗)

 大雨が降り続く中、釣りを続けたので終了後は川を挟んで向かいにある銭湯に行って、りょうちゃんさんに風呂後のドリンクを提供して帰路に付きました。帰りの道中は集中豪雨でどうなることかと思ったのですが、何とか気合で乗り切り帰ってきました。

 夏の管釣りは厳しいのは間違いないのですが、柿田川フィッシュストーリーさんの素晴らしい環境のおかげでとても癒されました。あそこなら夏でもまた行きたいと思える素晴らしい釣り場です。朝9時半から20時半まで釣りして116匹でした。しかも、りょうちゃんさんに教えてもらったのですが、柿田川さんの魚はかなり大きい鱒でも身がパサパサしてなくて本当においしいのだそうです。釣れた魚のパワフルさと、胴の太さを見れば納得です。

今回は降り続く雨で写真がありません・・・・。申し訳ないです。
by fbsgifu | 2010-07-04 23:32 | エリアトラウト