(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 4月25日(日)は、管理釣り場ドットコム東山湖戦に参加して、成績は散々でしたが楽しい一日でした。去年もドットコム東山(春)に参加させていただいて、東山湖の偉大さというかいろんな意味での大きさに魅了されて、今回も多少の無理をして参戦しました。情報も全く持ってないし、東山湖に行く事自体が2回目なので、ナチュラリスト守山店のSさんに、駐車場のゲートは何時に開くとか、御殿場インターで降りてからどこで待機しとくのがいいのかとかの貴重な情報を教えていただきました。(ありがとうございました)

 大会前日は夕方までビシッ!っと昼寝をして、夜11時頃出発して3時前に御殿場に到着しました。ゲートが開く車の列に並んで仮眠してたら知らない間にゲートは空いてて、ポツンと私の車だけ置いてる状態になりかなり恥ずかしいかったです。

 大会の入場順を決めるクジを引いて「31番」だったのでラッキーと思ったのですが、各数字5人いるので、31×5=155~160番ということでした。ほとんど選ぶ権利も入る場所も限られている状態なので、Bエリアを選択して釣り座は事務所前でした。隣りにはアイビーのタクさんや、JUN君などの同じ東海圏のメンバーで並んで釣りを開始しました。各ステージ40分×4での総釣果数で競われます。今回は、王禅寺がホームでチームダークサイド所属のTETSUさんと、大会中の総釣果でコーヒー1本もやってました。

 第1ステージBエリアに入り、まず流れの強さに戸惑いながら重めのスプーンを巻いたりしますが、前評判よりも反応が少なかったです。お隣りの方がボトムで好調に釣ってみえるのでマネっこ作戦でいきますがどうも噛みあわず、3本・・・。

 第2ステージCエリアは有名なポイント「ドロヤナギ」のやや護岸側に入りました。隣には同じチームのKONちゃんがいました。KONちゃんも自分も第1ステージで外してしまった状態で、KONちゃんは開き直って自分の得意な釣りで押し通して好調に釣ってました。私は出だしだけクランクで付いていけてましたが、迷いが生じていろいろ試した結果、7本まで釣果を伸ばせましたが、良いポイント入って7本ではダメした・・・。

 第3ステージDエリアはさっき釣ってた切れ目の対岸で切れ目の土側に入りました。この日は朝に気温が2度まで冷え込んで、第2ステージまでは魚がボトム付近に多くいた感触があったのですが、この頃になるとポカポカ陽気で魚も多少浮いたような気がするので、最初だけ細めのスプーンの軽い色を使ってましたが、周りの様子を見てクランクにチェンジしました。いい感じで釣れ続いたのですが、途中でラインが切れるトラブルになり、何とかやり過ごして9本・・・。もっと取れるのにもったいない事しましたが、この日一番はまっているルアーとカラーが見えてきました。
 
 第4ステージAエリアでは、一番深い場所の水車近くを選択してほぼクランクオンリーで投げましたが3本止まりでした。第3ステージではクランクを巻きながら小細工してましたが、その巻き方ではさんざん叩かれた後のこの場所では通用せず、周りの方の釣れ方からするとより丁寧にゆっくりクランクを巻くことがこの場所でのパターンでした。その事に気が付いたのが最後の方で、3本追加するのがやっとでした。

 結果としてはダメダメな成績で、TETSUさんとKONちゃんにコーヒーを献上し、さらに居残り練習でもKONちゃんに負けて1本献上・・・(泣)成績等は散々でしたが、去年の同じ大会の自分と比較するとかなり成長できてるのが実感できたし、シビアな大会を経験することより東山湖がさらに分析できたので、また次回以降の東山湖で行われる大会に活かしたいと思います。

 大会後の居残り練習も、帰りの高速道路の込み具合を考慮して、昼の2時30分には終了して、多少の渋滞には捕まりましたが軽くで済んだので、6時30分前には無事帰宅できました。タックルの準備やボックスに入れておく予備の道具の見直しをして、またリベンジしに東山湖に帰って来たいと思います。本当にこの釣り場は素晴らしいし、楽しいです。かなう事なら一週間くらいここでずっと釣りしていたいです。180人オーバーのトーナメンターで、一斉に釣り続けてもまだまだ釣れ続く懐の深さ・・・。ここの釣り場に頻繁に通える静岡や神奈川や東京の方がうらやましいです。

1、スワンドライブSD5802XUL+08プレッソ1003(IOSファクトリーフルチューン)+アイキャッチPEマークス2lb+2.5lbフロロリーダー

2、トラストTS6802UL+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ストレーン2lb(ナイロン)+フロロ2.5lbリーダー(2ヒロ)

3、エリアタクトCATS-63XULT+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウト2lb(ナイロン)

4,510エボ+センシライトMG2500+ファメルトラウトPEエリア3lb+2.5lbフロロリーダー

a0083638_20342812.jpg

by fbsgifu | 2010-04-27 06:25
 大会当日の朝になって車に乗ろうとしたら窓ガラスが凍ってるし、少し考えられないくらいの低い気温でした。今回は、うちのチームの両エースはCOREの決勝に行ったので、隊長とプラドーさんとボブ君とボブ君の後輩Y君と私の5人体制でした。参加者の中にはトラエキに参加しておられた方もおられましたし濃いメンバーでした。受付をすませてクジを引くと「A-21」番でした。と、いう事で強制的に朝一の放流組に決定(笑)釣り座はアウトレット側でした。最初の予選は5人で1人勝ちあがりです。私はラッキーな事に最初の釣り座が水車から一番近い場所でした。朝の急激な冷え込みで「ターンオーバーしてるやろうなぁ。。。。。」と思ってましたが、昨日の夕方よりさらに水の色が悪くなってました。今回はマイミクのあゆパパさんに審判していただきました。(ありがとうございました)

 まずは朝一の放流の釣りですが、プランとしてはミューのオレ金で何本かとって、ピリカ1.8gに変えて、その後色は同じにしてピリカの1.0gに落とすというプランでしたが、波乱万丈な予選でしたが何とか通過できました。しかしながら私の場合は前日にプラをすると状況が変わった事に付いて行けずにいつも大会で必ず苦労します。

 まず、開始早々はミューで予定通り2本とってリードしましたが、リリーサーの扱いを失敗してバレンシアのミューオレ金をロスト・・・。切れたラインは放置してエリアタクトに持ち変えてキャストしたら今度はラインがガイドに結んでしまって、切らないと治らない状態になってしまいました。唯一残ったトラスト68にピリカ1.8gを付けて1本獲ったら今度は、ピリカ1.8gが次に掛かった魚に切られてロスト・・・。ミューの違うオレ金を再度結びなおして1本追加し、ピリカの1.0gにして同じレンジをよりスローに狙いますが、当っても乗らない状態に・・・・・・。釣り座移動の時にスワンドライブの切れたラインにルアーを結んで、最後の最後でダメ押しの一本をアンフェアで1本搾り出して5本で終了しました。皆さんお上手な方ばかりだし、5人の中に同じチームのプラドーさんもいて同士討ちになってしまいましたが、当ってもバレるとかターン時独特のツンアタリに皆さん苦労されておられました。なのでプラした事が活きて何とか予選は通過できましたが、本当は8本くらいは余裕で釣っとかないといけない状態でした。

 敗者復活戦前に放流が入りました。審判は自分が予選で通った場所という事で、アウトレット側で審判だったのですが、ここの釣り座に入られた方は放流魚が充分回って来ずにショートバイトに苦労されてました。その中にプリズムのぷりたろーさんもおられました。その色はやばすぎるでしょ?というカラーを投げておられましたので、審判しながらお聞きしたら9月の売り出しに向けてテストされておられるとの事でした。その色が発売されたら即、私は各5枚ずつ買いますというかなりヤバイ色でした。うちのチームメンバーは一発で決勝に残れた隊長とボブ君と私以外に、敗者復活でプラドーさんも敗者復活で勝ちあがり、5人とも決勝に進出出来ました。

 決勝はインレットの駐車場側に入りました。左には最近絶好調で、瑞浪ダービー第3戦終了時点で、ランキングダントツで、暫定1位のマイミク「エア乗りのいっちい」さんがおられました。審判をしながら見てた敗者復活の様子だと、結構いい感じで釣れてたので10本くらい釣らないとだめかなぁ~と思ってましたが、いざスタートとなった状態で

「シーン・・・・・・・。」

 放流で勢いよく釣り過ぎたせいで、活性が下がってしまった状態なので、最初はスプーンを投げてましたが、プラの情報を頼りに「とにかく持っているクランク類で見た目がド派手なもの」をボックスから取り出し、まずはアンフェアのオレンジブラウンで1本、次にヘリウムのSSオレンジで1本、同じくヘリウムのSS白ピンクで1本釣りました。とにかく2投したらすぐにルアーチェンジして目先を変えてを繰り返して3本絞りだせました。対岸ではアイビーライン社テスターのタクさんが得意のボトム系の釣りで順調に数を伸ばしておられます。

 後半に手が尽きてきた時間は、タクさんを見習ってボトム付近の魚を狙うようにして、ボトムクラピーで私が所有している中で一番派手な色の、サウザンシャーベットをボトムまで落として、底ギリギリを集中して引いて2本絞りだして5本で終了しました。周りの様子をだと、5本でも「5位には入ったかなぁ~?」と思っていましたが、3位に入賞できました。同じチームのプラドーさんもめでたく4位に入賞しました。GREEやmixiで応援や祝福のコメントをいただいた皆様に御礼申し上げます。 ありがとうございました。連戦の最後にもう一箇所大場所の試合が25日にあるので、頑張って来ます。

タックル
1、スワンドライブSD5802XUL+08プレッソ1003(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウトエリアフロロ1.5lb(直結)

2、トラストTS6802UL+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ストレーン2lb(ナイロン)+フロロ2lbリーダー(2ヒロ)
3、エリアタクトCATS-63XULT+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウト2lb(ナイロン)



  
a0083638_2152937.jpg
a0083638_21523030.jpg
a0083638_21524567.jpg


 

 
by fbsgifu | 2010-04-18 21:59
 今回は、瑞浪ダービー第4戦に出場し、タフコンデションを攻略して3位に入賞してきました。

 まずは、前日プラ。本当は水曜日に休みを取ってたのでその日に行こうと思ったのですが、天気が大荒れだったので、土曜日に変更しました。この日はりょうちゃんさんが息子さんと来週のサンクペアトーナメントの練習で、りえさんと一緒に瑞浪にこられて2号池で釣りされてました。1号池ではI原さんやT田さんが熱心に練習されておられました。インレットの駐車場側でいい感じで釣っておられました。私は1号池の岬の先端付近に釣り座を構えました。

 今回はスペシャルゲストで来場されていたプリズムデザインさんのぷりたろーさんが土曜、日曜と瑞浪FPでブースを出しておられました。プリズムデザインさんのスプーンは、トーナメントでも脅威の破壊力を発揮する時があるのをexitさんやJUN君に散々見せつけられているので、私も結構集めてます。しかも瑞浪限定カラーを出展されてたのでついたくさん買っちゃいました(笑)

 4月も後半になるというのに、気温も低く寒い状態で、気温が安定していた少し前まではクランクでガンガン釣れてたのですが、当日はいろいろと注文が付く状態になってました。午前中は好調時期のように喰わせのシャーベット系などで、表層ちょい下を引くと簡単に釣れました。
 
 10時くらいにあったストック放流は、瑞浪1号池にしてはかなり反応が良くて、オレ金類でも釣れます。私が瑞浪さんで釣りをする時、何故かPEラインを使うと不調になってしまうので、土曜日のプラ中にラインを巻き変えて、この2日間限定でPEのタックルをフロロ1.5lbと交換しました。放流スプーンもドーナ、ミュー、バディーマミー、ノアなど、いろいろと投げ分けましたが、ミューの2.2gのオレ金が私の巻き方と相性が良かったです。

 前回のドットコムサンク戦の反省を元に、渋い時間こそ何かを掴む為に頑張るということで、昼過ぎの渋い時間にピリカやティアロに塗られている、中村水産カラーと呼ばれるカラーの一種に渋い時間でも反応があるということと、クランク類はとにかくド派手な色にすると、渋ってても急に釣れ出すという事を掴みました。大会には参加されてなかったですが、トラエキのO俣さんが得体の知れないリップまでド派手な色のクランクで爆釣しておられました。この日は雨が上がった朝よりも夕方の方が濁ってました。営業時間が終了し、渋い時に釣れたピリカやティアロにしかないはずのカラーが、プリズムさんのブースで売られているので帰り際に買い足して終了しました。
by fbsgifu | 2010-04-18 18:32
 大会当日は、早めに受付を済ませてクジを引きましたが、45番目という微妙な番号でした。メンバーを見渡す限りどこの組にどう入っても凄い方達ばかりですので、思い切ってBグループの前半に入りました。exitさん、エア乗りのいっちいさん、メクリンさん、I原さんなど皆さんお上手な方しかいません。スタートを見てビックリしたのは、前日にプラしておられたサンクの大常連さんがこぞって後半組を選んでいた事です。

 まずは放流の釣りがスタートなんですが、以前にロストしてしまって困っていたのですが、朝の受け付け時にちゃっかり補強したドーナ2gのドットコムさんオリカラのバレンシアオレンジ裏ゴールドからスタートしましたが、前日プラの感触でもしかしてドーナ2gが合ってないかもと内心思っていたので、2本取って続かなくなったところで、1,6gのタイプの全く違うオレ金にサイズを落として、丁寧に拾ってさらに2本追加しました。最後の方は昨日よく釣れたミディアムクラピーでもう1本追加して終了しました。外したなぁ~とガックリしてたら、exitさんが7本で、2位グループで5本の方がたくさんいたので、何とか命拾いしました。

 今回の審判のお相手は水間さんでした。本当にたくさん勉強させていただきました。3ステージ通して釣りを真後ろで見させていただきましたが、ボトムの釣りではその日の活性状況がそんなに悪いかったの?というのが解かる釣りでした。最終的に水間さんが優勝されましたが、結局は前日の昼間何投げても反応しない時間帯に、しっかりと状態をチェックしておられたということです。本当に凄い方です。おめでとうございます。(COREの決勝も頑張ってくださいね)

 第2ステージはフライエリアの一番奥に入りました。実際は表層のマイクロか、クランクで何本か拾える活性だったのですが、悪い癖でいろいろと試し釣りをしてしまいました。マイクロで取れるのが解かった時点で終了3分前になり、ウィーパーの06で一本取れたのみでした。

 第3ステージはAエリアとBエリアの境目付近に入りました。魚は溜まっているのですが、本当に難しい・・・。何とか2本をフォールの釣りと、軽いスプーンのボトムで搾り出して終了しました。あと1本取れてればサドンデスに出れたのですが予選敗退になりました。(無念)

 決勝では審判を買って出て、担当がアウトレットだったので、著名な方やいろんな方の釣りを見させていただきました。今回はサンクで通称セイと呼ばれているTOPウォータールアーが上位入賞のキーになったのですが、そのルアーを使っておられなかった方の釣りがとても印象的でした。釣り人のプレッシャーで極度に渋くて、巻いて釣れない状況の中で、手を尽くして必死に釣りされてる皆さんの迫力とテクニックに圧倒されてました。

 しかしながら、決勝に残っていたうちのチームのボスである隊長と、黒ちゃんがセイで好調に釣っているのでそちらも気になって仕方がなかったです(笑)黒ちゃんは、準優勝で、隊長は5位でした。黒ちゃんは前日プラに夜勤明けで来て、フラフラになりながら一日釣りしてましたが、昼の全く反応がない時間帯もセイを使って練習してました。放流が効かなかったのに違う釣りで乗り切った黒ちゃんの強さに脱帽です。隊長も、前日の仕事から寝てないトランス状態で大会に参加してましたが、サドンデスからしぶとく勝ち上がり見事に入賞。瑞浪ダービー優勝→ドットコム千早予選トップ通過→今回のドットコムサンク戦5位と絶好調です。釣れる色の探求など隊長は隠し持っている秘策がたくさんあるので、今後の各大会でももっと活躍されると思います。

 大会終了後の釣行ではそんな凄い2人相手に、ラーメンマッチ替え玉マッチとコーヒーマッチで見事に負けるべくして負けてしまいました。夕方には私の様子を見にGREE友のケロロさんといくぽんさんに訪問していただきました。(ありがとうございました。25日頑張ってくださいね)

 2日間本当に楽しめました。管理釣り場ドットコムのオフィシャルの方や、大会会場を貸してくださったサンクチュアリさんに感謝しています。サンクは第1ポンドも第2ポンドも凄く魚が溜まってます。両ポンドではこの大会日以上にフィッシングプレッシャーが高くなることはまず考えられないので、是非サンクに遊びに行ってエリアフィッシングを楽しんでくださいね。水温も上がってきて、ルアーで釣るのにいい感じになってきてますので楽しめると思います。
a0083638_22194919.jpg
a0083638_2220990.jpg

by fbsgifu | 2010-04-12 22:20
 今回は、フィッシングサンクチュアリさんで行われた、管理釣り場ドットコムのエリアトーナメントに参加して予選敗退してきましたが、たくさん学べた2日間でした。

 まずは、前日にプラクティス(練習)に入りました。この日の為に一日券を10枚貯めて一回無料なのを温存しておきました。この日はチームの黒ちゃんとKONちゃん両エースに挟まれてアウトレットで釣りしてました。サンクチュアリさんの第2ポンドが緊急工事でリニューアルされました。ブレイクが少し掘り下げられてますし、アオミドロが溜まらないような画期的なシステムになってて、「この工法を考えた人は天才だなぁ~」と関心しながら釣りをスタートしました。

 朝一は放流のオレ金や赤金スプーンで爆釣とはいかないですが、それなりに釣れました。意外と渋くなるのは早かったのですが、ボトムの釣りをやりだしたら止まらなくなりました。工事する前はアオミドロが絡むのを避ける為に軽めのスプーンでボトムをやってましたが、今回は2グラムから少し軽いくらいのスプーンでテンポよくトントンやるだけでガンガンに釣れました。カラーはピンクが反応良かったです。桜の花びらが湖面に浮く時期は本当にピンク色でよく釣れます。前日プラした日に、サンク第2ポンド周辺の桜はすでに散った後だったのですが、魚はピンク色のスプーンでよく釣れました。

 お昼になったらさすがにトーナメント前日でたくさん腕自慢のメンターさんがで叩いた後なので強烈に活性が下がりました。お昼前後はボトムでもアタリがなくなったので、「魚が浮いたのかな?」と思ったのですが、スプーンやクランクで巻いてもほとんど反応がありませんでした。しかし、3時を過ぎたあたりから表層付近にいる魚の反応が急激に良くなり、ミディアムクラピーで終了時間まで延々爆釣しました。今日に限ってはペレットタイムいらずでした。普段はよほどの事がないとこんなに釣れ続く事がないし、いつもはスレた状況にに強いフラットクラピーの方がサンク第2ポンドでは反応がよい事の方が多いのですが、再オープンを堪能できました。

 釣り終了後は、この日ボトムでよく釣れた色のスプーンをロストしたのを補強するために、急遽岐阜市内まで戻りました。そのスプーンはやすやさんの土岐店で買ったので、やすやさんの岐阜店にいけば置いてあるだろうと思ってお店まで行ったのですが、置いてなかったのでかなりショックでした・・・。ダメもとで、次の日同じ大会に参加されるグースの黒田店長さんに在庫があるか確認の電話をしたところ、「1枚しか在庫ないけど、明日持って行くよ~。」とおっしゃっていただき、次の日、現地受け渡ししていただきました。昨年の平谷湖ドットコムの大会当日にも同じように現地まで持ってきてもらった事があるのですが、商売とはいえいつも無理言ってばかりで申し訳ないです。本当にありがとうございます。先にグースさんに電話しておけばゆっくり阿下喜温泉いって早く体を休める事ができたんですが・・・。結局、このスプーンは大会終了後に再度やすやさんの土岐店まで行ってストック分も含めてまとめて買っておきました。
夜9時にには無事サンク第2駐車場で、マイミクのメタボンさんとウニさんの隣に車を止めさせていただいての車中泊でした。




 
a0083638_20482540.jpg

by fbsgifu | 2010-04-12 20:10
 4月3日(土)はGREE友のともぞうさんとフィッシングサンクチュアリさんに行って、厳しい冷え込みなどの悪条件な中、25匹程度を絞りだして奮闘してきました。

 本当は4月11日(日)に行われる、「管理釣り場ドットコム」さんのサンク戦のプラがしたかったのですが、大会会場予定の第2ポンドは工事中でした。仕方ないので第3ポンドか第1ポンドどちらか決めずにフロントで一日券を買って第1ポンドを覗いてみたら、クラブハウス下にK山さんやKZ君やJUN君などのメンターさんがずらっと並んでおられたので、第3ポンドに行きましたが、第3ポンドにも先週のドットコム千早戦準優勝の水間さんや、I原さんやI田さんなどのメンターさんがギッシリおられます。(汗)

 先週よりはかなり魚の数が増えてますし、朝一に放流が入るとの事で期待したのですが、急な冷え込みと先週の午前中に私がクランクで延々釣り過ぎてプレッシャーを与えたおかげでかなり渋かったです。こうなるともう、リアクション系な釣りでしか私は釣る手立てがないのでポツポツ拾ってましたが、水間さんだけ異次元の釣りでガンガン釣っておられました。スイッチ入って後ろにロックオンして、距離が縮まっても魚が口を明けないので針掛かりしませんでした。なので、渋い第3ポンドではギブアップして、ともぞうさんの希望で「第1ポンドの放流を釣りたい」との事でお昼のタイミングで第1ポンドに向かいました。

 第1ポンドでK山さんに貴重なアドバイスをいただき、第3ポンドよりはなんとか巻いても釣れました。日陰部分にはかなり大量の魚が鱒玉になって見えてるのですが、こやつらが本当に賢くて見えてる魚は無視して、やはりこちらでもボトム系統のリアクションの釣り中心になってしまいました。

 最近すっかり力を付けたともぞうさんに、「放流20分のコーヒーマッチ」を挑まれて、すっかり準備OKだったのですが、右隣に来られた親子連れの方が入門用のごっついバスタックルセットしかもってなくて、放流カラーのスプーンも持ってないので、やさしいともぞうさんがドーナの赤金をプレゼントしておられました。私も腐るほどもってるのであげたかったのですが、来週の大会でいざという時に無くなると困るし、サンクさんの営業妨害しちゃいけないと思ったので、スプーンはあげませんでしたが、その代わりに付きっ切りで教えました。真正面狙って投げたスプーンが、左方向に60度ずれてるくらいの本当に超初心者の小学生でしたが、放流タイムで9匹釣り上げる事ができて本当によかったです。釣ってるうちに最後の方には真っ直ぐ投げれるようになってるし、こういう子が急速に上達してKZ君みたいなスーパーエキスパート中学生になるんだろうなぁ~と関心して見てました。

 放流効果が無くなって、親子の方は桟橋に行かれたので、再度仕切りなおしてコーヒーマッチを再開しました。放流後なんですけど、すっかり活性は下がり、群れは広いポンドを回遊してしまったのか、クランクでもアタリがないので、一投目で見切ってボトムパターンで3本ブレイク際から絞りだして勝利しました。ともぞうさんもクランクがうまいし、ブラオレとかも持ってるので、1本早掛け勝負などでは油断できませんなぁ・・・・。しかしながらコーヒーはちゃっかりごちそうになりました。

 今回、パームボールを使った事がないし、「釣れる気がしない」とおっしゃっていたともぞうさんに、ダブってたカラー1個差し上げて、試してもらったところすぐに釣り上げる事ができたので、またヤバイ世界に一人巻き込んでしまいました。お勧めカラーを教えたら、速攻で上の売店に買いに行かれました(笑)パームボールのオリカラも最近増えたので、いろいろと買って試していきたいと思います。

 夕方4時くらいになったら、ボトムの釣りが全く効かなくなり、目の前の水面がかなりの量の鱒でえらい事になってましたが、なかなかこやつらが手ごわい・・・。急激に冷えたのが応えたのかして本当に泳ぐ速度が遅かったし、いつもなら爆釣なスティックの釣りも沈黙したほどです。ので、最後は「寒い寒い」と言って震えながらペレットパターンと、ペレット後のクランクでポツポツとって終了しました。帰り道の爆発してニュースに出てたトンカツ屋の横にある博多ラーメンのお店によって、ラーメン食べて体を温めて、ランディングネットを浮かせておくためのホルダーが折れてたので、フィッシング遊さんの名古屋北店さんに寄って補充して、帰路に付きました。

 ともぞうさんお疲れ様でした。今度はシーバスのオカッパリ連れてってくださいね。

タックル
1、スワンドライブSD5802XUL+08プレッソ1003(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウトPE3lb+フロロリーダー・リバージ2lb(2ヒロ)

2、トラストTS6802UL+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウト2lb(ナイロン)

3、エリアタクトCATS-63XULT+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウト2lb(ナイロン)


GyoNetブログランキングに参加しませんか?


 
by fbsgifu | 2010-04-04 18:29