(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

11月28日(土)はサンクチュアリチャンピオンシップファイナルに参加してきました。最近はフル残業なので朝起きれる自信がなく前日に出発して養老SAで車中泊して現地に入りました。今回は参加人数の関係で大会会場が第3ポンドに変更になりました。次の日(日)は東山湖でトラキン地方予選、中津川でドットコム、平谷湖ではU-30という若手の決起集会が行われていて、その他うちのチームのボス同様に「土曜は仕事休めない」という方などがおられて20人ちょいの参加者なんですが、これがまた濃いメンバーさんが・・・・。

今回はドットコム形式で行われるとのことで、A後半組に入りました。同じ組には水間さん、悶絶和尚さん、K田さん、などがおられて6人の3人通過で予選が争われました。別に奇をてらった訳ではないのですがPEタックル以外は先週とおなじフロロの1.2lbで挑んだのが思いっきり失敗しててぶっちぎりの最下位で予選落ちしてしまいました。釣れるパターンが推移していく中で先に釣っちゃったもん勝ちの展開でラインブレイクにビビリながらそわそわした釣りを展開してしまい凄く後で後悔してしまいました。

最初の放流やその直後は巻きで釣れて、その後表層のクランクパターンになり、決勝は前半の放流が釣れた以外は悶絶という展開になりました。そんな中、うちのチームの黒さんが優勝しました。(祝)
a0083638_4593628.jpg

関西東海圏ではかなりおなじみになってきた「放流番長」黒さん。出場したドットコムでも予選はほとんどトップ通過する事が多く放流の釣りはかなりのトップレベルです。今回もぶっちぎりで放流を狩りまくり、KZ君の猛追を僅差でかわして大逃げを決めました。見事にチャッピオンロッドをゲット。
(σ゚д゚)σゲッツ
ちなみにミネギシさん提供のチャンピオンロッドは世の中に出回っていない来年以降発売用のブランクで作られたチャンピオンロッドなんだそうです。そして、好きなメーカーでオリカラが作れるという特典はアイビーラインさんのペンタで作るそうなのでこちらも発売を楽しみにしています。
チャンピオンロッド欲しかったのになぁ・・・・。また来年頑張ります。

決勝戦後はセイニストさん、T田さん、IKECHANさん、KONちゃんでちょうど隣接する「聖宝寺」さんで「もみじ祭り」が開催されていて、大会の受付横で屋台が出ていたので、「串カツマッチ」を開催し見事に撃沈・・・。しかしながら皆さんの御好意で大喜びで家に帰れました。

まず、大会中にラインブレイクでシャーベット系のフラットクラピーをロストしてしまっていたのですが、参加者から「社長」と呼ばれていたH田さんが後でワザワザ届けてくださいました。本当にありがとうございました。

大会後にマイミク悶絶和尚さんにナムでおなじみというか水間さん、KZ君が使って今年のサンクトーナメントを席巻したのB-HOUSEさんが作っている、「吉や」さんオリジナルのスプーン「DASH」のオレ吉という放流カラーを1個いただいてしまいました。ドットコムの平谷湖戦でメクリンさんの審判をさっせていただいたときに、DASHのオレ金で劇釣されてたので欲しいと思ってました。次の日瑞浪でも放流で活躍しました。本当にありがとうございました。

春先のドットコム千早川に参加していた時に不注意で寝返りうったときにトラスト68の先を折ってしまっていたのですが、ちょうどこの日大会会場に来られていたミネギシさんに「2ピースロッドの先側だけ売っていただけませんか?」と相談したところ、ブースに展示してあったトラスト68の先側をありえない値段で販売してくださいました。本当にありがとうございました。大事に管理しながらもビシビシ釣りまくっていい感じに腰を抜いてハッシー専用のスペシャルロッドに仕上げていきたいと思います。今はIOSファクトリーさんのドラググリス「sirokuma」があるので、ロッドにパワーがありすぎても大会で全く苦になりません。逆にアドバンテージになってこれからは見直されていくだろうと思っています。

しかし、こんな不景気な世の中で参加者も少ないのにチャンピオンロッドを御協賛いただいて、しかも関東から現地まで来ていただいてなんてビックリです・・・。ミネギシさん本当にありがとうございました。同じく遠く兵庫から現地にお越しいただいて運営もお手伝いいただいてヤリエさんの協賛品を届けてくださったウニさんと、御協賛してくださったアイビーさんにも感謝です。

大会終了後は、第2ポンドに戻って再び練習・・・。偶然「長良川下流53pick up!」を主催されておられるセンクロさんが娘さんと遊びに来られていたのでバケツ放流の際にドーナのバレンシアオレ金とかを使っていただいて威力を体験してもらってました。センクロさんもし良かったら来年サンクの大会に参加してみませんか?とヤバイ世界に誘ってみる・・・・・(笑)

今年は本来第2ポンドで行われる大会が第3ポンドに変更になったり、ドットコムは第1ポンドで行われてみたりといろいろありましたが、それはそれでたくさん勉強になり釣りの引き出しが増えました。(第1ポンドのボトムクラピーでの桟橋下攻略など)また来年も大会を中心にサンクチュアリさんでは楽しませてもらいたいと思います。ありがとうございました。
by fbsgifu | 2009-11-30 06:09

中日「釣魚供養祭」

今日は、JOFI愛知からのお誘いで、秋葉山円通寺で行われた「釣魚供養祭」に参加してきました。主催は中日新聞社さんで、私達JOFI会員も参加させていただきました。

このお寺は熱田神宮のすぐ側にあり、10時半集合と聞いてましたが1時間前に現地に到着したのでまずは、熱田神宮に生まれて初めて参拝してきました。(いつもは伊勢神宮に初詣に行ってます)名古屋の大都会のど真ん中に森が広がる神聖な空間でした。

参拝が終わって円通寺に戻るとすでに本日参加予定のJOFIメンバーが揃ってました。控え室で一度待機した後に参加者全員が本堂に案内されて、日頃私達を楽しませてくれてお世話になっている魚の霊を供養していただきました。以前から参加はしたいと思っていたのですが、どうしても旗日が休みじゃない私は参加できずにいましたが今年こそ参加させていただきたいと思い、9月より前から有給休暇の申請をして準備してました。来年以降も是非早めに休みを押さえて参加し続けていこうと思っています。私達JOFIメンバーはお付き合いのある中日新聞社様からお誘いを受けて昼食つきの参加費を払って参加させていただきましたが、一般の方も参加できますので是非釣る腕がありすぎていつもたくさん釣っちゃう方も参加されてみてはいかがでしょうか?(毎年必ず11月23日開催ですよ)この釣魚供養祭は全国的にも珍しい歴史のある毎年恒例の行事です。

a0083638_17501574.jpg

a0083638_17531194.jpg

by fbsgifu | 2009-11-23 17:53
トラキン予選「ヤリエヤマトヨカップ」に参加してきました。去年はマイミクの「どS星人」さんにワレットをお借りして出場しましたが、それ以来コツコツとナチュラリストさんや、フィッシング遊の一宮店さんでピリカモアの07を中心に買い集めて今年は自力で出場しました。来週オープンする一宮市の北方とかで、活性がかなり下がってルアーの巻きではどれだけ軽くしても手に負えない状態で爆発的な釣果を出せるツボがあるし、表層オンリーの平谷湖第2ポンド川側の浮いて固まっている手ごわい魚にも効く時があるので重宝して使ってます。

今回は、土曜日の朝9時にサンクに到着してそうそう第1ポンドで放流があって、第2ポンドではUさんとかGさんとか明日の有力選手は熱心に第2ポンドでプラされているので釣る場所も無いだろうということで昼までは第1ポンドで釣りしてました。放流は最初エンジンの掛かるのが遅かったですが、ピリカモアの2、6g放流カラーで一人だけ爆釣してました。第1ポンドはエキスパートさん達のプレッシャーがあまり掛かってないので、ヤリエさんのスプーンオンリーで本当に良く釣れました。(2時間で25本くらい)

プラされてる皆さんが食事でレストランに上がってこられたタイミングを見計らって、ちょうど雨も降ってきたので一度車に戻ってカッパを着込んでから第2ポンドへ・・・。

定番のアウトレットで巻きを中心に攻めますが2.6gの放流カラーで一匹釣れた以外は・・・・。で手詰まりになりました、当日は冷え込んでかなり寒かったしカイロを貼らなかった事を後悔しつつ、魚も寒いだろうということでボトムの釣りをしたらあっさり答えが返ってきたのでそのパターンを煮詰めて終了しました。あまりボトムを丁寧に探りすぎるとアオミドロに絡まってスプーンの動きが死んでしまうし、かといって浮いてしまうとバイトはないし・・・、しかも第2ポンドの5分の2くらいの水面は落ち葉で覆われているので余計に狙い辛いということで、出た答えが、ピリカモアよりシルエットや動きが大きい、最近発売されたリンゴミディの渋系カラーのできるだけ軽い0.9gを絡まったアオミドロを切りながらという意味も含むデジ巻きという答えを導きだしてプラは終了しました。

大会は予選第2ステージまではプラ通りのパターンが嵌ってミッドフォレストのGさんに3本差2番手でいけてたので安心してましたが、その時間帯には陽が差して暖かくなって昨日より水温上がってるだろうなぁと思いつつ第3ステージでデジ巻きに全く反応がなくなり0匹。(魚が浮いた)そこでパニックになってしまい、そのまま予選はギリギリグループ最下位で通過できたものの、放流の感じも微妙に変わって余計に付いていけず、決勝は両方0で終わってしまいました・・・。(情けない)3枚しかないトラエキ切符は大阪のマイスターO山さんと、ハーブ常連クリポンさん、ハーブの主Y村さんがゲットしました。皆さんおめでとうございます。エキスパートシリーズで頑張っていただきたいと思います。

今回は本当に楽しめたので大会を主催してくださった運営の方々に本当に感謝してます。ヤリエさんのスプーン3枚に私が普段から愛用しているヤマトヨさんのファメルトラウトの2lbと2.5ldを1個ずつとプラス両社さんのステッカーという超豪華参加賞+ジャンケン大会の商品と入賞商品。一番感激したのは、朝になって第2ポンドに降りてみて


「落ち葉がない・・・・」

プラが終わって銭湯行って、ラーメン食べて車中泊の為に道の駅へ向かっていたら夜遅くなってもサンクチュアリさんのゲートが空いていたのでサンクさんや運営のスタッフ皆さんが必死になって水面の葉っぱを回収していてくれたんだと思います。ポンドの5分の2は落ち葉で水面が覆われてましたましたからそれが朝になったら綺麗に全てなくなってたということは相当な労力で片付けてくれていたんだと思います。熱い戦いをもてなしてくださる心意気に感謝。


大会終了後は、次の土曜日に行われる「サンクチュアリチャンピオンシップファイナル」に向けて、KON様とプラしてました。頑張ってチャンピオンスティックをゲットできるように頑張ります。ただ、参加人数によっては第3ポンドで行われる可能性があるようですが、とにかく楽しみにしています。
by fbsgifu | 2009-11-23 08:19
今日は、中津川の夕森国際マス釣り場で行われた渓流釣りクラブの「山女魚会」さんとJOFI愛知内水面の合同釣り大会が行われました。
a0083638_20595333.jpg

この釣り場は普通の渓流なんですが、禁漁時でも釣りできるようにしてある特別釣り区です。敷地の大半はエサ釣り区域で、ルアー&フライは下流側にあるえん堤下に専用エリアがあったのでそちらに向かいました。今日は、1匹大物勝負の大会なので出るからにはということで、重めのスプーンをセレクトして釣り座に向かいました。普段はえん堤下の水が溜まる場所なんですが、昨日の大雨で

「滝なんですけど・・・・」(゚∀゚ ;)タラー

なので、流れの強さで魚のレンジにルアーが通せないのと低水温でかなり苦労しました。何とかルアーを低く通せば釣れるだろうということで、「パームボール召還!!」

激流の中をリフトアンドフォールして、何とか小さいニジマスと、26センチのアマゴが釣れました。しかしながら狙いすぎてロスト・・・。

a0083638_21473861.jpg

大会も無事に盛大に終わり、抽選で豪華な賞品もいただきました。一緒に参加させてくださった山女魚会様ありがとうございました。


その後、残って釣りもできるのですがすぐに釣りビジョン「トラウトキング選手権」が行われている長野県平谷村の平谷湖へ向かいました。今日はもみじ狩りの観光客で相当道路が混雑してました。
a0083638_21521599.jpg

相当な激闘が繰り広げられてる中、IOSファクトリーさんでリールに無料でオイルを挿していただき、以前から気になっていたドラググリス「sirokuma」を購入してついでにリールに塗ってもらって、「さぁ、リールの準備は完璧になったから今度はヤリエブース行って来週の大会用のスプーン買おう」と思ったら今回ヤリエさんは平谷湖にブースは出しておられませんでした(汗)

決勝戦を前にして平谷湖を後にして、「ひまわりの湯」に行って温泉を堪能しました。露天風呂だと昼間でも外気温は8度なので上半身出して浸かってたら何時間でも入れます。1時間以上満喫して、平谷の交差点を上矢作に向かって入っていくと湧き水が汲める場所が出来てるので、そこで1.5リットルのペットボトルに2本汲んで帰ってきました。紅葉は綺麗ですし平谷温泉ひまわりの湯はスベスベになるいいお湯でした。
by fbsgifu | 2009-11-15 22:13

瑞浪FP半日釣行

11月14日(土)は、名古屋港にサヨリ釣りに行こうとしてましたが、雨からの大雨で断念しました。そこで、昼から雨が止むので、家から近い瑞浪フィッシングパークさんに行ってきました。現地には次の日平谷湖トラキンに出場予定で東海エリアのトーナメンターに「殿」という愛称で呼ばれているTさんが最終調整してました。すでにエキスパート残留されているO俣さんもプライベートで釣りにこられてました。

今回は雨の直後で相当濁ってました。午後券買ってすぐに2号池に入りました。アウトレット奥側はすでに人が一杯なので、インレットの奥側に入りました。到着してそうそうストック放流が入りました。殿が放流の練習をしたいのでという事で私の隣に釣り座を構えました。

まずはドーナ2gのバレンシアゴールド裏金で攻めてみますが・・・・・・。


「・・・・・・・・」


どうも濁りが強すぎたようで水に馴染むのが遅れて最初10分くらいは反応が全くありませんでしたが、水中島に放流魚がまわってきたみたいで、その場所を狙える殿のみ連発して釣っておられました。私は放流スプーンを諦めてクランクにチェンジ。シャロータイプをゆっくり引いてポツポツ釣れました。結局、放流直後に爆発しない代わりに長い時間ポツポツ釣れ続きました。クラピーからドーナ1gにローテーションして数を稼いでいきました。

ここでアウトレットの一等地におられた方が帰られたのですかさず移動しましたがこれが失敗だったし、冷え込んできたので反応が悪くなってしまいました。

最終的に25本ぐらいだったでしょうか。寒くなったので、今日仕事しなかった魚が来週の平日に仕事しそうですね。

ヒットルアー

シャロークラピー
ミディアムクラピー
ディープクラピー
モカ
プリリー
ミッツ

ノア
ドーナ
マートー
ミノー各種
by fbsgifu | 2009-11-15 20:52

土曜日の予定変更

本日は朝から先週失敗した名古屋港でサヨリ釣りに再リベンジする気マンマンでしたが、朝4時に起きてみて雨の強さで断念・・・・。なので昼から午後券で瑞浪FP行ってきます。サヨリ釣りリベンジは11月29日の日曜日にに持ち越しですな・・・・。

明日の日曜日は、中津川の夕森公園マス釣り場で行われるJOFI愛知の内水面研修会に参加して、早めに上がらせてもらって平谷湖フィッシングスポットで行われる釣りビジョントラウトキング選手権トライアルシリーズ戦を見にいって、知り合いの皆さんを応援してこようと思います。
by fbsgifu | 2009-11-14 07:06

日曜日は

先週の日曜日はフィッシングサンクチュアリさんのCOREトーナメント第3戦に参加してきました。私の結果は一回戦敗退でした。4人2人抜けで、対戦相手は関西が誇るマイスターロデオテスターのO山さんと、マイミクの悶絶和尚さん、瑞浪一号池でよく練習されてるのを見かけるI原さんという今回もかなり濃い相手との対戦で、23対19対19対18でもう1匹取れてたらサドンデスに出れたのに・・・・。という敗戦でした。例によって魚は一番多く掛けれたのに相当バラしました。うまく取れてたらO山さんと同じ位は数を稼げていたと思います。もう少しフックをちゃんとその日のコンデションに合わせて選択して、大会に望めるようにシステムを改善しなくては・・・。と、反省しました。私が今回釣れて来た2名も揃って一回戦敗退でした。3人揃って2回戦は審判しながら勉強させてもらいました。
a0083638_23241216.jpg


この日は、JOFI愛知内で参加者を募り、大会に参加してもらって、その後にフォローの講習をして参加者の方にレベルアップしてもらいました。その二人は(うち一人はJOFIインストラクター)普段はバス釣りを楽しんでおられて、管理釣り場にも年に数回は行くのだけれど、昼くらいになると釣りが行き詰る事が多いし、市販されている管理釣り場用ルアーもたくさんあって、カラーもいろいろあるのでどういう選択をしていけばいいのか解らない状態だったのですが、「当日大会に参加されたエキスパートの皆さんの釣りを審判しながら後ろで見させてもらった事で相当勉強になった」と感想をいただきました。


JOFI愛知ではルアーやってる人あまりいないからと、説得されるように言われつつも今回一つの方向性としてルアー部門を始動させていただき、まずは順調な船出をさせていただきました。0と1では大違いですし、こういう事をやろうとしていると外部に発信するだけでも反応が変わってくると思います。これから少しづつではありますが、輪を広げていこうと思います。

今回の趣旨を御理解いただき、管釣りほぼ初心者の2名を受け入れてくださった、参加者全員の皆様とフィッシングサンクチュアリの安藤マネジャー様に感謝し、御礼申し上げます。
a0083638_23165074.jpg

by fbsgifu | 2009-11-11 23:26

先週の土曜日は

メインはサヨリ狙いで「新舞子マリンパーク」に行ってきました。朝6時前に到着するもすでに駐車場には車がたくさん止まっていて、釣り座も南面の西側は釣り人で一杯なので空いている護岸と石積みの間付近に釣り座を確保しました。
a0083638_21553835.jpg

今回は、さっそくO代表にいただいたリールも登板させて、一本はカレイ狙いの置き竿、もう一本の20号負荷の投げ竿はサヨリ専用に仕掛けをセットして釣りを開始しました。

目で海面を見た感じでは先週の名古屋港某所よりは魚が追われている様子も見えないし、「サヨリ釣りはきついかなぁ」と思ったとおり、私が釣り座をかまえた南面東側では浦安釣法に反応がありませんでした。

カレイ狙いは全くの未知数なので、サヨリの仕掛けを一回キャストして回収してきたら、少しカレイ用のリールを巻いてみて、またサヨリ用の仕掛けを投げて・・・・。の繰り返しでした。明らかに何かの魚がエサをつついているのが竿先の動きで解るのですが、針に掛からない状態が続きました。

結局、途中でサヨリ狙いは諦めて2本ともカレイ狙いにしてイスに座ってのんびり昼まで釣りしましたが何とか落ちハゼが1匹釣れただけでした。
a0083638_225569.jpg

惜しいことしたなぁと思ったのは、カレイ狙いでアタリがたくさんあったのはこのハゼだったみたいなので、いつものシロギス狙いの仕掛けを付けて投げてれば落ちハゼはたくさん釣れてたのに勿体ないことしたなぁ・・・。と反省しました。しかもカレイ狙いなので本当なら青イソメをエサとして付けた方が良かったのに、メインの狙いはサヨリだったのでイシゴカイを買って、半日しか釣りしないので勿体ないからとカレイ狙いの仕掛けにもイシゴカイを付けてました。石積み護岸で投げ釣りされてた方は遠目から見ても明らかに30センチ以上はあるナイスサイズのカレイを釣り上げておられたし、この日は勿体ないことしてしまいました。

途中でまったりとした時間ができてしまったので、コマセを足元に巻いたら結構小さい魚が寄ってきたので、使わなくなったサヨリ仕掛けのリーダーから先をラインに付けて、足元に落として「手釣り」してみました。群れてた子魚の正体は・・・・・。
a0083638_22181536.jpg

a0083638_22194729.jpg

「メバル」と「ウミタナゴ」でした。しかしながらこの魚たちはかなりナーバスで釣り上げるのは難しいです。3mくらいの延べ竿で1号のフロロカーボンでキス針7号でコマセを撒きながら3gくらいの胴付き仕掛け(ルアー用語ではダウンショットリグ)で、竿先でアタリをとりながら釣れば楽しめると思います。

本命のサヨリは新舞子マリンパークの南面西側で釣れていたようです。今回、新しい場所で釣りできてよかったです。次はリベンジでまた違う場所に行ってみたいと思います。
by fbsgifu | 2009-11-10 22:40

ありがとうございます

サヨリ釣り体験会の日に、O代表にD社最上級機種の投げ釣りのリールをいただいてしまいました。メーカーにオーバーホール出されて大切にされてたリールです。
a0083638_22365990.jpg

いただいた状態ですでに投げ釣り界の有名釣具店オリジナルのスプールが付いてます。写真右側の2つの換えスプールには紫外線防止用のカバーが付属されてて、大物釣り用のPEラインが巻かれているそうです。これから投げ釣り界ではカレイ釣りの季節です(笑)もっと投げる練習を続けて、真っ直ぐ投げて他の参加者の方に迷惑掛けなくて、ある程度の距離が出せるようになったら(150m以上)、キス釣りの大会にもチャレンジしたいと思っています。本当にありがとうございました。


O代表も今後日程が合えばルアーフィッシング研修会に参加してくださるとおっしゃっていただいてたので、私からささやかながら管釣り道具をプレゼントさせていただきました。ワレットの中には少数ながらかなり中身が濃いルアーをプレゼントさせていただきました。ブラオレのヘビーバージョンのディープクラピーとか、ファットバディーユカスペのタイガーズアイとか、小さいワレット1個ですでにトーナメントに出ても戦える戦力が入ってます。あと、ロッド1本と、2.5lbのナイロンラインを贈らせていただきました。全日本サーフキャスティング協会さんにはルアー部門もあり、O代表も投げ釣りの合間にシーバスのルアーフィッシングもされておられたそうで、95センチを釣って東京湾のチャンピオンになった事がある。とおっしゃってました。ただ今回、贈らせていただきたいリールがまともなのを持ってなくて、O代表が「今から水辺感謝の日の報告でマルハンさん行くからリール買ってくる」とおっしゃってました。後でお聞きしたら「シマノの最新版リール買ってきました。小さいのに高いね」っておっしゃっておられて、高いリールいただいてしまったのでせめと気持ちだけでも御返ししようと思ったら、かえって余計にお金を使わせてしまう事になり2重に恐縮しております(汗)しなしながら何とか管理釣り場の現場に来てくださった際には管理釣り場の楽しさを思う存分体験していただきたいと思います。

土曜日になってしまいますけど、11月28日(土)にフィッシングサンクチュアリさんでファイナルチャンピオンシップがお行われます。大会は出れる人が決まっているのですが(チャンピオンシップの年会ポイントランキング上位40名のみ参加資格あり)、見学はOKらしいので、JOFI会員さんと家族や友人限定で見に来られますか?大会後に釣り方イロイロ教えますよと呼びかけてみたいと思います。
by fbsgifu | 2009-11-02 22:50

サヨリ釣り体験会

今日は、名古屋港某所で行われたサヨリ釣り体験会に参加してきました。集まったのはJOFIインストラクターと、本日の指南役眠釣先生がスカウトしてきたエサ屋の店員さんが参加してのスタートでした。朝から子魚が目の前で跳ね回るようなコンデションの中スタートしました。(今日はJOFIの公式なイベントではなく「勝手にサヨリ釣り体験会」として有志でやっております。)

以前日記に書いた眠釣先生が浦安釣法を紹介されてた中日スポーツの記事と、眠釣先生に事前に送っていただいてた解説書類を元に道具をいろいろと準備してました。リールは前日に小野浦で投げ釣りに使っていたサーフキャスティング用のリールにPE1号&力糸で、竿は20号負荷の4mの投げ竿を使い、浦安釣法の象徴である遠投飛ばしカゴ浮きを用意してました。その先のヨリ糸と、カゴに詰めるコマセと針に付けるアミエビは眠釣先生に御用意していただきました。本当にイロイロとありがとうございました。

この浦安釣法は飛ばしカゴ浮きの先をサビキにしたりルアーに付け替えたりすることでかなりのアレンジが効くので本当に凄い便利な釣り方だと思います。自由度の高さゆえにすでにイロイロやってみたい事ばかり増えました。

一通り体験し終わってやっとサヨリ釣りの全貌が解ってきたんですが、かなりエリアトラウトチックな要素が多いです。

・リトリーブで釣る
任意の距離まで遠投して、その後の誘いはリールでリトリーブします。巻いてくる早さがちょうどスプーンをデッドスローに巻いてくるのと同じ位のスピードで誘って食わせます。サヨリのアタリがグンッ、とかクククッとかくるのですが、アタリがあっても大きくあわせずに巻き合わせします。
・魚の繊細さ
サヨリは警戒心が強いのでハリスは食いが悪いと0.6号くらいを使い、ハリスが絡まって小さいコブが出来たり、サヨリが釣れて針の上の糸がスレて白くなるだけで釣れなくなってしまうくらい繊細なんだそうです。今日はサイズ的にちょうどいいやと思ってエリアトラウトでリーダーとして使っている。リバージフロロ2lb(0.8号相当)をそのままサヨリ釣りのリーダーに使いました。

この日はいろんな要素が重なってかなり魚が薄くて活性が低かったのですが、何とか2匹釣り上げる事ができました。スナメリというイルカみたいなでかい生き物が私達の釣りしてる目の前に現れました。始めて直接目で見てしまいました(汗)スナメリは魚をたくさん食べるそうで、そんな中よく参加者全員が釣果をあげれたなぁ~と関心してます。あと、鵜もたくさんいてキャストで届く範囲の小魚バクバク食べられてました。ゆっくり巻いてくる時にくるあのググッという感触はどんな釣りでもいいもんです。11月一杯までサヨリが何とか釣れるそうなので、サビキ仕掛けやポッパーを忍ばせつつまた海に行こうかと思ってます。
a0083638_20413068.jpg

by fbsgifu | 2009-11-01 19:46