(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

迎えて大会当日、朝の受け付け後に昨日の作戦通りBエリアの前半を選んで受付を済ませました。クジを引いたら「B-2」という受け付けになりました。今回はいつもに増して三重テレビの土曜朝8時の番組さんが取材に来ているの余計に緊張しました。この番組のレポーターさんである水谷知恵さんも大会に参加されてました。やっぱり芸能人さんなので、べっぴんさんだし、芸能人特有のオーラが出てはりますわ~。

そして、今回は予想外に・・・・・。「雨」

天気予報では、パラつく可能性があるくらいのくもりの予報でしたが、結局大会中はずっとシトシト雨が降ってました。そしてこの雨が私のプランを狂わせて、私は私で何か変えないといけないと解っていつつもプラの釣りを引きずってしまい、ダメダメな大会になってしまいました。

予選の第1ステージは2番目に釣り座を選べるので昨日の魚が固まっている場所をキープしました。そして、予選第1ステージ前にバケツ放流がありましたが、この魚は釣れないだろうと思って地味系色の表層用スプーンを主にスタンバイしました。いざスタートして・・・・・。昨日の状況を知らない感じの方が放直用に選んだ派手系スプーンでバンバン釣れてます・・・・・。そして、サイズが恐ろしくロリ鱒(小さい)ですが・・・。タフな状況ではあるのですが、雨のおかげて釣れてはいます。そして、釣り続けているうちに魚が浮いてきだしたんですが、私が陣取った釣り座よりも左側の島の周辺に魚が固まってました・・・・。なんで、私の左にいる2人と、何故か私の右隣りにいる人がバンバン釣れてました。私は左隣り2人の横にスペースが開いているのでそちらに釣り座を移動しました。(エリア内の移動はOK)こちら側に移動したのは正解で、固まっている魚の中から何とか少し釣り上げて、早めに切り上げて次の場所移動は2番目を確保しました。

第2ステージはBエリアとの境目ギリギリに場所を確保しました。目の前に魚がたくさん浮いているので、それをマイクロスプーン等で必死に取りにいったのですが、フォーリング気味に釣りを展開した魚が何とか2匹反応してくれました。このエリアでの2匹は他の方もあまり釣れてない状況だったのでまずまず納得です。第3ステージは後半用に放流されて後半組みが釣った後に釣りするので、逆転で予選を通過するにはいい場所を確保しないといけないと思い、早めに移動して次の釣り座を選ぶ順番は1番を確保しました。B-2後半の今日、私の相方さんは放流が入るこの第2ステージのみで9本釣って一気にアドバンテージを取って予選を楽々通過しました。使っているスプーンは市販されている放直系ですがとても参考になりました。

第3ステージは魚が固まっている島の前を確保したのですが・・・・。回りも釣れてないですし表層用のマイクロスプーンで押しましたが何か違う・・・。何とかカラーローテでごまかし一本釣って終了しました。この日の肌寒い雨でパターンが夏系の表層パターンから次のパターンへ変わる間際になってたようで、雨で濁りも入ったので余計にタフでした。結局今回は予選落ち・・・。ドットコム平谷湖戦で予選通過できたので変に調子乗ってましたが、見事に伸びた鼻をへし折られました。それと、そうなるだろうと自分でも予想はついたんですが、タイプが違う釣り場に行くと変に錯覚してしまう。こういう勉強も今回はできました。特にサンクの第2ポンドのような池ではスプーンの種類でこういう動きをするタイプのスプーンがいいというのが解りましたので、それを今後に活かしたいと思います。

決勝では審判をしながらいろんなエキスパートさんの釣りを見て勉強しました。基本的に使っておられるスプーンは同じのを持ってましたが、私はカラー選択を間違えたというのを再確認しました。決勝にはしぶとくサドンデスを勝ち上がったマイミクの「どS革命」さんとグースの店長さんも残っておられました。グースの店長さんはさらにしぶとく決勝を戦い抜き、同率2位で3人サドンデスに突入しました。2位3位4位を決めるサドンデスでは残念ながら負けてしまいましたが、並み居るトーナメンター同士が神経削りあいながら闘ったタフな今回の試合でピーチ1gと1.4gのみで4位という成績を出したのだから本当に凄いと思います。(なぜかアンドウさんにピーチ売ってる・笑)今回は協賛品も豪華で両手に持ちきれないほどお立ち台の方々はもらってました。参加賞も一人4枚(ロデオクラフトさん、シーレーベルさん、府中屋さん、スミスさんから各一枚)もらったし、入漁権以外の大会参加日が1000円なので元は充分取れてます。

優勝はオフィース ユーカリさんからゲスト参加されている「シゲさん」。結局は物凄いタフな今回の試合で、オフィースユーカリさんの新ロッドと新スプーン「心」の実力を認めざるをえない結果が大会成績として現れました。さすが「ネイちゃん」として雑誌等に出演されてる石川優美子さんほどの人が認めた人材。予選第1ステージで私の右隣におられました(爆)明らかに魚は薄い場所なのに濃い場所と変わらない状態で釣っておられました(汗)表彰式見てそういう事だったんだと納得しました。何で俺が選んだ場所だけ魚が薄いんだと思ってましたがそうじゃなかったです。また買わないといけないスプーンが増えたな・・・(汗)

今回は夏パターン表層系と次のパターンとの境目でしかも濁りがありタフしたが、そんな中でも基本と呼ばれている事を外さず(濁ったら派手系とか)、ルアーと人の底力を試されたような大会でした。大会終了後も当然のように練習しました。来月にはファイナルチャンピオンシップもあるし、ドットコムもあるし、書くと現実になってしまうので書かないけどあれも出ないといけなくなるかもしれない。ので必死になって練習しましたが、魚はたくさん見えるのにペレットタイム以外は2匹・・・。さらに出直しですわ~。今回、釣れる魚が特に小さかったのですが、優勝された方のキモとしてどSさんから教えてもらった事も以前から気が付いていたのに行動できてませんでした。
by fbsgifu | 2008-10-26 23:39
土曜日はサンクチュアリに前日プラに行きました。この世界恐慌にもかかわらず、ありがたいことに残業がフルにあるので、疲れで起きれずに朝9時に家をでました。多治見の我が家ですが、ケーブルテレビに加入しているので今回の大会へ取材に来る三重テレビの土曜朝8時に放送している釣り番組を見て家を出ました。その際はいかだのチヌ釣りトーナメントの模様を放送してましたが、優勝賞金が100万円だそうな・・・。

なんやかんやで、岐阜羽島インターで下りて大江川を横切って峠道を通ってサンクチュアリに到着しました。ちょうどこの日はドットコムの東山湖戦が行われていて、トーナメンターさんの大半は東山におられてます(すんげータフな方達・・・)空いてるかなぁ~なんて思ってましたが、第1戦~第3戦までのポイント合計ダントツトップのUさんもおられましたし、なんと管釣りのDVDを多数発売されているロデオの森田さんもプラされてます。

そんな中、おとなしくアウトレットに陣取ってプラを開始したのですが・・・・。一度高水温の為一時期閉鎖したあと、10月始めに再開してあまり日にちが経ってないのでボトムが綺麗で石がゴロゴロしてました。水面に魚が浮いてないのでボトムの釣りを試しましたがいつもなら藻に引っかかるはずがないので、石に引っかかり根掛かり多発・・・(泣)しばらくしてトイレ前のインレットが開いたのでそちらに移動しました。こちら側では浮いている魚が多数目撃できました。浮いている魚は平谷湖でさんざん表層の釣りを鍛えましたから、その釣りの引き出しからマイクロスプーンを投げたおしたらしそれなりに釣れたので、しめしめと思い、それ以外は普通のクランク類でさえ反応が無いのでしめしめと内心思って釣りしてました。

そうこうしている間に放流タイムになりました。これがまた・・・・。ということで、反応が悪く回りも釣れてないので余計にしめしめと思って釣り続けてました。そしたら、インレットから放流した魚に押し出されたかのようにさっきまで私の目の前にいた浮いた魚がいなくなってしまって隣りのフライエリアでフライしている方々が爆釣し始めました。なので、夕方になって再度対岸に渡ってぐるっと魚の浮き具合と付き具合を確認しながら歩いてアウトレットの目の前に行ったらさっきまで全く魚影が見えなかった場所にたくさん浮いてるし、比較的簡単に釣れたので、この時点で「明日はタフるだろうから、このエリアに固まっている魚を釣れるだけ釣っちゃって」次にのエリアから辛抱の釣りだなと思いながらプラを終了しました。結局気温も水温も高かったので夏の釣りが通用しました。

サンクの従業員の方に近くにお風呂やさんはないのか?と尋ねたところ、車で10分くらいの場所に「阿下喜温泉」があるというのを教えてもらったので、車中泊する前に行ってきました。400円と入浴料もお手ごろで、食堂も定食類が豊富でおいしかったですよ。
by fbsgifu | 2008-10-26 22:05

懲りずに平谷湖プラ

10月19日(日)懲りずにまた平谷湖へ行きました。前日はト〇タさん(私は下請け平社員)では異例の土曜日休日出勤だったので、土曜の夜に仕事でヘロヘロになりながらアンドウさんに寄って戦力を軽く補強してから平谷湖に向かいました。今回も前日入りの車中泊。これで夏場から十何回目でしょうか?(笑)
そのうち「羞恥心」「悲壮感」というユニットに続き、「車中泊」というユニットをマイミクの「管理人@ヒロ」さんと私ともう一人スカウトして結成したいと思います(爆)歌は「悲壮感」の歌詩の悲壮感を車中泊に変えると見事に良い釣りしたいが為に前日現地入りする釣り人の歌に変身します(笑)

今回は第2ポンドの川側に入りました。先週は朝一がスプーンひったくっていくくらいの高活性だったので、例によって放直系の高活性狙いで入りましたが・・・・。

見事に反応せず・・・・・・。それはそうと、金曜日にナチュラリストに行って、マイミク「どS革命」さんお勧めのスプーンを「0.9g」「0.6g」全カラー分揃えにナチュラリストに行った際にナチュSさんにトラキントライアルシリーズのルールを教えてもらい、対策も伝授してもらいました(情報をもらった分買い物もたくさんしましたけどね。それが大人のマナー・笑)トラキンのトライアルシリーズは、ドットコムより「あれもOK,これもOK」というのが多いのでその一環として「ボトム」の釣りを試してみましたが、こちらも反応せず。理由は解りませんが急に気温が下がったからでしょうか?朝一は魚が動きたがらないようでした。今回もひかるさんご一行様と同行釣行でした。ひかるさんは、ボトムの釣り等もよくご存知なので、いろいろと教えてもらいながら釣りしてましたが、二人でまだ1匹も釣れない状態でコーヒーマッチを開催。前回の釣行ではひかるさんの一日の総釣果が3匹なのに2回コーヒーマッチで負けてましたが、今回は2連勝しました。ここ一番コーヒーマッチの一匹は「He」でとりました。


日が上がって気温が上がりだしたらだんだん表層に魚が増えて、動きもよくなりだしたので周りでも表層で釣れ始めました。なのでこの日は日中の時間帯に表層が一番釣れましたが、夏場や9月よりかはまた同じ表層でもヒットスプーンやヒットプラグが少し変わってました。どちらかといえばクランク類が好調でした。そしてまとめ買いした「He」も先週より好調でした。スプーンでは食わせにくかっただけに実績が光ました。(トラキンまでにスレないようにあまり使われたくないので書きたくなかったが・・・)平谷湖って本当にヒットルアーとタナの変動が激しいので今日はプラグでもいろいろと必要でした。(ディープダイバー、フローティング、シンキング、SS)

今日もただ釣果だけを求めれば表層で釣ってれば伸ばせたのですが、プラなので恐ろしいほどのルアーチェンジを繰り返して情報収集に徹してました。

お昼に、ひかるさんと交代で昼食を食べに行った際、後半組みとして私が行った時はすでに食堂のご飯系は全て売り切れだったのですが、天ぷらそばを食べたんですけどマダムが「きのこご飯」をサービスで一膳タダで出してくれました。また世話になってしまった。これだからまた通ってしまう平谷湖・・・(笑)ひかるさんが誤ってプライヤーを湖に落としてしまって泥に埋もれてたのを市販されているルアー回収用の磁石で取ろうと頑張ったのですがダメで、用務員のNさんが長いタモ持って歩いてたので「落ちたプライヤー回収したいのでタモ貸してください」とお願いしたら、「でっかい磁石持ってきてあげる」といって、太いロープに「はじめ人間ギャートルズに出てくる通貨?」というようなでかくて何個も繋げてある磁石を湖にドボンと投げて底をゴリゴリ挽いて無事にプライヤーを回収してもらってました。

その他気が付いた事は、やはり今年から始まる「トラキンフライ部門」で予行練習を兼ねて私達がコーヒーマッチしてるような事されてたり、いろいろと情報交換されてたり、今までは仲間内以外では黙々と釣ってるイメージしかないフライの方達が積極的に交流されてるのが見受けられました。こちらも本当にいい企画だと思うし、フライもたくさん盛り上がって欲しいと思います。

平谷湖が表層のマイクロスプーンやプラグのデッドスローに頼らなくても2gくらいで早く巻いてもたくさん釣れるようになるのもあと少しです。今日でも反応し掛かってるし、実際に泳ぐスピードは早いのだけど何故かヒットまでは持ち込めてない状態になってます。来週はサンクチュアリのチャンピオンシップ第4戦なので、土日サンクで、11月1日と2日と5日にまたプラしたいと思ってます。大会は11月16日なんですけど、前日はトラキンフライ部門なんで大会前日プラ出来なさそう(泣)
by fbsgifu | 2008-10-19 22:16
記事が前後しちゃいましたが、10月12日(日)世間では3連休の中日ですが、私は普通に土日休みで、日曜日に平谷湖へ行きました。JOFI岐阜の長良川清掃やISBAのオープン戦があったんですが、トラキンプラを優先してしまいました。両関係者の方々にお詫び申し上げます。いつもはひっそりとしているひまわりの湯駐車場もキャンピングカーや車中泊しているであろう車が満載でした。

平谷湖に到着したらすでにスゲー数の車・・・・。

私の予想では、瑞浪もオープンしたし、サンクチュアリではフェスタでイベントやってるし、空いてる平谷湖で爆釣だ~~。なんて目論んでましたが・・・(汗)

朝一番は、第1ポンドの川側に入りました。前日のダイワ精工のちびっこイベントでたくさん放流されているだろうし、前日あたりから気温が急に下がったので活性高いだろうと思って、ドーナの自作オレ金からスタートしました。もう、キャストして糸ふけ取ってる間にスプーン咥えて走ってます(笑)いろんなエリアでいろんな高活性現場に遭遇してますが、今日の朝は凄かったです。

難しい平谷湖の割りには朝の好調が長続きしました。そしてトラキンのプラとしても夏場からの続きでパターンを追いかけて、新しいヒットスプーンも発見できました。さぁ、違う場所に行って状況を見ようかなと思ったんですが、大盛況すぎて入れる場所がありません・・・・・・(泣)仕方がないので10時過ぎに早めの飯にして、その後は車に戻って仮眠しました。2時ごろに復帰して、その頃にはもう帰る人がいるだろうと思っていたんですけど混んだままでした。戻ったと同時に第1ポンドの島が空いたのでそこに入りました。島では本当に苦戦しました。クランクは全く効かないし、表層は魚が少ないんですけど、ボトムが強いのかと言っても釣れてはいるけどそれほど爆釣もしてないし、結局、夏場に釣れたスプーンを再確認するだけで終わったような釣果だったんですが、以前と違って表層狙いでも引く時の発想を変えればヒットに持ち込めたし、渋い中にも収穫はありました。不思議とこのスプーンのこのカラーだけが何故か釣れるというのが存在するのですが、それを再確認した釣行でした。ですので、次の釣行ではそのカラーを多めに買って来て、ちょっとづつ色のアクセントを付けたスプーンを塗って試してみたいと思います。


平谷湖は水深がある分パターンがいろいろ存在して、変化がめまぐるしいのですが、だいぶん追いつけるようになってきました。(ナチュラリストのSさんほでじゃないけどね)ドットコム平谷湖戦を経験したことで巻くのとも違うし、ボトムとも違う釣りも目の前で見せてもらいその有効性も自分で体験して理解し、納得する事ができました。あと1ヶ月もすればトラキンの本番になってしまうので何とかもう少し頑張ってプラして自分の引き出しを増やしたいと思います。それにしてもこの日はフライの人が多かったです。トラキンではフライ部門が新設されたのでそのプラをされてたのでしょうか?こちらは出ませんが前日に見る事になると思うのでとても楽しみににしています。
by fbsgifu | 2008-10-14 19:56
先ほど、無事にトラキン平谷湖戦のエントリーを無事に終了しました。以前に瑞浪に出た時には「出ようか?どうしようか?」と考える暇があったのですが、昨今のエリアブームでトラキンのエントリーは秒殺で一杯になって締めきられると聞いてました。

なんで今日は、7時まで残業予定のところを、一週間前から上司に頼んで定時であがらせてもらいました。帰宅後すぐにパソコンを立ち上げて、今年から事前エントリーして自分専用のページにログインした状態でテレビを付けて待ってました。夜7時が正確にわかるNHKにチャンネルを合わせて、7時になったら「更新」ボタンを連打し、エントリの表示が出たので速攻でクリック!!

大会を頑張るとか、それ以前にエントリーが大変なトラキンですが、まずは第一関門を突破できました。できれば一発でトラエキに通過したいです。(甘くはないとは覚悟してますが・・・)
by fbsgifu | 2008-10-14 19:12

平谷湖釣行

10月7日(火)平谷湖釣行してきました。発端は会社の休日出勤日が今月2回あるので、疲れるから有給取ろうと思って、表を見たら10月3日と10月7日しか空いてないのでこの日を休みにしました。10月3日は小渕ダム53pick up!と中池53pick up!の報告を可児市役所関係と関市役所関係に提出してきました。なので、ここ何日かは仕事、休み、仕事、休みという日程になって、最後の休みが今日の平谷湖釣行です。

10月になり新製品が各社から発売になってますが、大好きなドーナの1.5グラムが発売になったので、金を数枚取り寄せて日曜日に夜なべして色を塗っておきました。

前日に現地に入り、道の駅で車中泊して平谷湖に入りました。今回もGREEの管釣り部ひかるさんと一緒でした。前日に雨が入って朝一は濁ってました。しかも何故だか解りませんが巻くものにはありとあらゆるものに反応がありませんでした。塗ったドーナとかの問題でなく、本当にタフでした。表層にそれなりに魚はいるんですが、見えない層にも魚がたくさんいるのですが、レンジを落としても私の持っているルアー(スプーン、プラグ共に)には全く反応がありません。本来なら表層のスプーンやクランクのデッドスロー引きなどになにかしら攻略の糸口が見えるのですが全く歯がたちません。どうやら何度かこういう何をやってもダメな状態を通り過ぎて、平谷湖はハイシーズンの爆釣になっていくようです。そしてひかるさんがボトムの釣りで状況を打開していってくれたので、私もそれなりを見習って何とかポツポツ釣っていきました。今日も例によってナチュラリスト守山のSさん発見!!この前ドットコムのジュネス戦で見事2位でした。Sさんですら昼過ぎまでは相当苦戦されてました。

昼にソースカツ丼をガッツリ食べて、再度修行に突入しました。そしたらだんだんと濁りが取れてくると共に魚の動きが明らかによくなってきました。私はそれでも苦戦続きでしたがナチュのSさんはエンジンが掛かり出しで釣れるペースが上がっていきました(この人ホント凄い)、ひかるさんもボトムやクランクで好調に釣っておられます。そして、今日もひかるさんとのコーヒーマッチに破れ(泣)夕方前になり、場所は平日で空いているので水車の流れで活性が高そうな場所に入りました。

ここでやっと表層の釣りで私にもポツポツ釣れ始めました。昼間にあれやこれやと悩みながらありとあらゆる層を攻めたのに結局釣れたのは表層・・・。まぁ、表層より下の層の見える範囲でスプーンや色別に魚の反応が見れたのでトラキンのプラとしてはかえって渋い方がありがたいんですが・・・・・・。本当に勉強させてもらってます。

周りがだんだん暗くなってきて、残り時間20分切りだしたら今度は夕方前までが嘘のような爆釣(苦笑)まさに「ツンデレ系」の鱒ですね平谷湖は(そしてそれにはまってまた通ってしまうオレ・笑)たぶん、濁りも取れたことだし明日からまた好調に釣れ始めるんだと思います。


今週の土曜日10月11日(土)に平谷湖で「ダイワヤングフィッシングクラブ」で貸切でちびっ子に釣りを教える先生役としてプレッソでおなじみのダイワのテスター高田さんが前日入りして平谷湖で釣りをされるそうです。プレッソファンで金曜日に休みがとれる方は是非平谷湖に行かれてはどうでしょうか?すでにエキスパートとして知られている平谷湖のマダムも今日自分用に購入したダイワ、プレッソのニューロッドが届いたとの事で見せてもらいました。「高田さんに教えてもらう」とおっしゃってました。また釣りがうまくなっていくマダム恐るべし(笑)
by fbsgifu | 2008-10-07 23:09
a0083638_225828.jpg

土曜日は休日出勤日で、日曜日は伊自良湖53pick up!でした。

参加された皆様大変お疲れ様でした。当日の伊自良湖はワカサギの解禁日でそれを目当てにしていた人がたくさんいましたが、時期が早かったようで群れが固まってないのであまり釣れてないみたいでした。

運営者で準備した釣り仕掛けとサシムシのエサで釣りしてたら鯉の小さいのとシラハエが釣れました。釣りはなんでも面白い。
おいしいワカサギ定食も堪能して秋のいい休日でした。
by fbsgifu | 2008-10-07 22:15

これ凄い

a0083638_2138560.jpg


この品物は、「ヒートシート」というアメリカ製のシートです。平谷湖のもろこしカップの時にバスデイテスターさんに教えてもらいました。よく、トラックの運転手さんは発熱する毛布を使っているというのは聞いたことありますが、これは知らなかったし、教えていただいた時には

「このシートとあと毛布2枚くらいあればどんなに寒くても車中泊できる」

とおっしゃってました。教えてもらってからホームセンターやキャンプ用品が売っているお店で探したけど売ってないので、ネット通販で取り寄せました。

シートの現物はレジャーシートみたいにペラペラなんですけど、遠赤外線的効果が抜群です。あまりの効き目にビックリしました。体がポカポカする効果があまりにも素晴らしいので、実際に普段寝る時にも使用するようにしました。車中泊に関係なく、これから寒くなる時期に本当にこれはお勧めです。来るべき緊急避難時に一枚持っといて損はないですし、冬場に家で布団に寝る際に電気アンカとかが全くいらなくなります。

私はSサイズ2枚入りで送料込み八千円くらいのを買いましたが、近いうちに親用にまた買って冬に使ってもらおうと思います。

今までいろいろとこういうグッズは試してみましたがここまで凄いのは初めてです。
by fbsgifu | 2008-10-07 21:53