(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

いい季節ですなぁ~

今日も、自宅でまったりとした休日を過ごしておりました。急に秋めいて気温も下がりマスマスエリアフィッシング日和ですねぇ~。

~~の秋とよく言われますが、

私にとってこれから10月一杯は「戦力補強の秋」ということでアホほど通っていた釣りを小休止してルアーを買うお金を貯めたいと思います。釣りには全く行かない訳ではないですが、10月にはト〇タさんの事業所としては珍しく土曜の休日出勤が2回あるとの事で都合よく購入資金も貯めれそうです。

数少ない釣行予定の一つが三重県のフィッシングサンクチュアリで10月26日に行われる。チャンピオンシップトーナメント第4戦。こちらにはぶっつけ本番で参加します。何とか12月に行われるファイナルチャンピオンシップの権利が取れるように頑張らないと・・・・。

この大会は豪華協賛が目白押しで、FB’s岐阜でもとてもお世話になっているスミスさん(こちら)も新製品の展示ブースを出されますし、リールのチューンナップでおなじみのIOSファクトリーさん(こちら)も出張ブースを出されます。当日はDVDを発売されておられるロデオクラフトテスターの森田大さん他有名アングラーさんが多数大会に参加されます。もう、楽しくてしょうがない感じの「エリアの秋祭り」って感じです。

あとは、土曜日に休日出勤が2回ある代わりに平日に有給休暇を2回取りましたので、そのうちの1日は平谷湖に行って何とか夢の3桁釣行目指しつつ、トラキン平谷湖戦に向けてのプラが出来ればと目論んでおります。それまでにヘリウムの発売が間に合ってくれると嬉しいけどなぁ~。

それ以外は、やろうと思えば一杯することあります。エアブラシ使ってスプーンに色塗っていきたいですし、先週の平谷湖釣行でタックルボックスが濡れてしまったので、スプーンもワレットから外して新聞紙の上にバラ撒いたままですので、整理したいと思います。

けど、なんで厳しいと言われる真夏に通いまくって、これから爆釣するというのに釣りを控えてるんだろうか?(笑)
by fbsgifu | 2008-09-27 19:05

麻生自民党総裁誕生

やっと、釣り人念願の麻生自民党総裁が誕生しました。バス問題関係で与党と官僚と癒着の構造を散々見てきたし、世間が小泉劇場に湧いている時にでも「格差社会になるよ」とダム問題で知り合った関係者から警告が発せられてた通りの日本になり、やっと国民もどこをどうにかしないといけないのか解ってきたので、総選挙があったら政権交代がありそうな気配濃厚です。

私もどちらかといえば、利権の巣にメスを入れてくれそうな管直人さんや鳩山由紀夫さんがいる民主党を応援したいのですが、麻生さんが総裁になれば話は別です。

多少、以前のような公共工事が増える世の中になってしまったとしても、特にバスがらみで釣り人と釣り業界に重くのしかかった空気を麻生さんが取り除いてくれるはずなので麻生さんが首相のうちは応援したいと思います。釣り産業界も売れないしヘトヘトですが今が本当の頑張り時なんじゃないでしょうか?麻生さんと太いパイプのある日釣振さんを中心にまた頑張ってほしいと願ってます。私達は私達で53pick up!など出来る事をを地道に頑張っていきます。

とにかく期待しています。
by fbsgifu | 2008-09-23 22:27

平谷湖釣行

昨日の日曜日は平谷湖に行ってきました。土曜日は日記に書いた通りにパソコンと格闘し、途中で4回くらい昼寝して(笑)何とか最低ノルマである、HPでの53pick up!の報告ページを完成させたので、夜11時に平谷湖に向けて出発しました。

事前にマイミクの「ドS革命」さんから(以後Sレボさん)に平谷湖行きますけどどうですか?とお誘いを受けてました。新しいスプーンも入手したことだし、釣りに行く事を目標にしたらパソコンの仕事がすぐにできちゃいました。

現地に2時前に付いて車中泊しましたが、平谷湖では鳥による魚への被害があるので明け方にロケット花火の音で何度か起こされ・・・・。(関係者の皆様夜中3時に起きて鳥対策、本当にご苦労様です)次からは道の駅にします(笑)

Sレボさんと合流して受付を済ませて、まずは第1ポンド川側に入りました。しかし水がドヨーンとしてるし、魚が動きたくなさそうな気配だったので結構苦労しました。私はとにかく入手した新兵器を投げまくったんですが、どうもその日の平谷湖に合ってないようなので、全く釣れませんでした。

Sレボさんは、今年の1月からミクシィの内輪で「鱒オタ連合」として各エリアにトレイルした際に私をことごとく管釣りにはめてくれたいわば師匠。当然お上手です。ミクシィネームのドSとはイグジストのドラグを鳴らしまくって鱒をバシバシこれでもかと釣り上げられるところからのドSさんなので当然エキスパートアングラーさんです。周りの人も水車やポンプの水流が当たってる所以外では釣れてない中、さすがに渋いながら何匹か拾っておられます。で、私は一度新兵器を見切ってクランク路線や夏場平谷湖でよかった表層系を選択し、少し釣れだしました。そしたら対岸にナチュラリスト守山のSさんが・・・。一人だけ爆釣してまたすぐに見かけなくなりました。(出勤前の朝練?)

そうこうしているうちに放流が入るので、エキスパートエリアの放流場所側に移動しました。
こちらは、放流が入る前から魚の動きが活発で放流前にもポツポツ釣れてました。今日の放直もやはりオレ金では刺激が強すぎたようで私は対策もバッチリ。「放直でそんなの使うの?」って感じのスプーンで順調に拾っていきました。そして510エボ+PE+クランクもとてもいい感じ(喜)真夏の頃からすれば本当に魚が元気になってきました。平谷湖にしては午前中いいペースで釣れたと思います。

お昼になったので食堂で昼食をして(今日はラーメンライス)、Sレボさんといろいろと情報交換し有意義な時間を過ごせましたした。これからの大会に備えてあのスプーンも揃えなきゃ~というアドバイスもいただきました。いよいよ鱒オタ連合も本格的に08~09年シーズン始動です。

お昼を過ぎて雷が鳴り出したので食堂に避難。そしたらゲリラ豪雨になり、雷も収まらないので私は車にて仮眠しました。一瞬で気絶。起きたら2時半頃で丁度小雨になりだしたのでカッパを予備のやつに着替えて再開しました。最後に入った場所では恒例の

「ドSスイッチオ~ン」

ということで、Sレボさんにボコボコに釣り負けました。コーヒーマッチとかやってたらえらい事になってました(笑)Sレボさんは平谷湖は苦手だとおっしゃってましたが、どうやら独特のクセがる平谷湖攻略のコツを掴まれたようで最後には「今日は楽しめた」とおっしゃってました。さすが師範。

対象的に私はリーダーとメインラインの結び目をかじられた事によるラインブレイクでその貴重な新兵器を2個ロスト(泣)確かにそのスプーンはよく釣れます。しかし、今のところ私は使いこなせてないので今回は爆釣できませんでした。(そりゃ~使って一回目では無理だよね)
と、いいながらも私も結構楽しめました。また機会があったら鱒オタ連合集合しましょう。よろしくお願いします。

帰り道で国道153号線に出たら418号線には「予定雨量をオーバーしたので通行止め」の看板が出てたので、怖くなったので園原ICから高速で帰ってきました。その選択は大正解で中津川とか恵那は土砂降りでした。

来週はトーナメンターさん達がジュネスでドットコムされてるのでヘリウムが手に入ればここぞとばかりに試し釣りでまた平谷湖に行っちゃうかも~。
by fbsgifu | 2008-09-22 23:12
ドットコムの激戦もおわり、今日は家でパソコン相手に格闘してました。

FB’s岐阜の53pick up!報告ページを作ってました。

可児市小渕ダムは
こちら


関市中池公園は
こちら


パソコンが雷で壊れてしまったとはいえ、関係者の皆様遅くなり申し訳ありませんでした。
お昼頃に53pick up!にご協賛いただいている「ルアーショップ アンドウ」さんから電話があり、取り寄せを頼んでいたドットコム平谷湖戦時に有名な方が大爆釣させていたスプーンが入荷したとの連絡を受けて引き取りにいきました。各1色19枚買うつもりが倍以上買ってしまった・・・。実は残っているのも買い取りたいぐらいだけど・・・。

明日、平谷湖行って試してきます(爆)
by fbsgifu | 2008-09-20 23:13
決勝も進出者を発表したらすぐに始まりました。私はほとんど場所を選ぶ権利の無い最後の方でした。決勝は第1ポンド、第2ポンドを使い川側をA、山側をBに分けて25分2ローテで行われました。

ほとんど空いてない中でも第1ポンドで昨日、コーヒーマッチで負けた時に他の人が釣れてた有望な場所が空いてました。しかし、そこは粘っても釣り続かないのも知ってます。ですので、スタート前から

「次のステージの場所取りに早く動いて後半に賭ける」

と思いながら準備をしてスタートの合図を待ちました。そして、3本用意したロッドのうち2本は予選第3ステージで爆釣を見せてもらった例のスプーン。そして、決勝がスタートしました。そしたら

「3連荘」

練習ではその場所で本当に苦労していたので嘘の様な釣れ具合ですが、風が吹いてきて水が白濁りしてきたとたんにパッタリと釣れなくなりました。そしたら、決勝前半で私の右隣にいたクランクでおなじみの方が、移動OKになってすぐに前半の釣りを終了して待機エリアに移動しました。私は最初の3連発が尾を引いたし少し移動が遅れましたが後を追うように待機エリアへ行きました。しかし、少しの遅さが命取りですでに5人の先行者が・・・・・。


結局、6番目という順番で後半の釣り座選びは迷いました。一等地のすぐ隣りに入るか、違う釣れる要素を持った場所か迷いましたが、賭けに出て難しい場所に入ってしまいました。この場所は魚が多いのですが本当にルアーを見てくれなくて苦労しました。今までのヒットルアーを必死のローテで投げて何とか2本取るのが限界でした。最終結果は決勝トータル5本で23位でした。

大会経験が少ないので移動のタイミングで悩んでしまいましたが、そこが全てともいえる今回の大会でした。ルアーに反応しやすい魚が固まっている場所をキープしてそこで的確に釣るという事が今回のドットコム平谷湖戦で一番の重要な事でした。ルアーも暑い時やタフな時に強いと呼ばれるルアーならいい場所にさえ入ればそれなりに釣れるというのは予選や真夏のプラで知ってたはずなのに、ほんの少し移動時間が遅れただけでこの場所は釣れないだろうと思っても入らざるを得ない状況になってしまいました。

ちなみに、決勝前半で私の右隣にいて私より少し早く移動していったクランクマスターさんは2位でした。同じように後半勝負でいい場所を確保して後半に連荘した模様です。

私の場合はもっと平谷湖の状況が解っていて何故早く動けなかったのか・・・・。
自分の思い切りの無さに腹がたちます。しかも、クランクもスプーンもヒットルアーを手駒としてたくさんもっていたし、プラで実証できているのでもう少し順位は上げれたはず。というかそれだけ状況が見えてたのに外してしまった事に反省。大沢親分や、張本さんに「渇」入れられそうな不甲斐なさでした。


今回は関東勢が予選突破や上位入賞を多数占めてました。今日のコンデションで似たような管理釣り場が関東にあるようで、結構東海や関西系のサンクの大会でお見かけする方は苦戦しておられました。私と予選が同じ組だった人の中にも東海圏の有名なテスターさん等がおられましたが夏場に釣るにしてもタイプの違う釣り場だったようです。(バスでいうと琵琶湖と富士五湖方面で違うような感じか?)でも、ドットコム初参加で現地枠の中では一番順位良かったので無理やり納得させて表彰式を見てました。


表彰式後、試合が終わってかなり疲れましたが悔しいので残って練習しました。あれだけの凄腕集団に叩かれまくったのでまたタフに・・・・。そんな中何とか2匹釣り上げましたが、ひかるさんから重要なアドバイスいただいちゃいました。

「リリーサー使うとき竿持ちかえるの?」

私「えっ??????。」

5月頃に瑞浪で釣りしてた時は左でリリーサーしてたのに、いつの間に・・・・・。我にかえったら右側にリリーサー付けてるし・・・・・。こんな事やっててはそりゃ~。ばらしたり釣り負けたりするわ~。
と、いうことで、基本的な事からも練習し直します。

次の大目標はトラキンの平谷湖戦。今回は真剣勝負の中にもまぁシーズン開幕みたいなフレンドリーな空気がありましたが、トラキンはみんなエキスパート戦のチケット目指して目の色変えてきますのでさらなる練習が必要です。

今回、平谷湖のマダムとドットコム運営の方に大変感謝。とても楽しかったしお世話になりました。知り合いもたくさん増えてこれからもっと楽しくなりそう。
by fbsgifu | 2008-09-18 22:56
予選第3ステージになり、朝のうちは小雨だったんですがすぐに晴れて第3ステージではいよいよ暑くて夏の様相になってきました。私担当の方は第2ポンド真ん中第一ポンド寄りに釣り座を確保されました。今度はきっちり渋くて両隣りが釣れてない中4本搾り出すようにキャッチされてました。

その際にエリアの一番右端の方で、有名な方が入れ食いされてます。「〇〇〇〇釣れるよ~」と言いながら精密機械のように、スローモーションVTRを何度も見ているように錯覚するほど何度もキャッチされています。この方がおっしゃってたスプーンは関東では話題になってますが、東海圏のショップさんでは見かけません。使い方もマイクロスプーンながら私が第2ステージの記事で書いた表層狙いの釣り方ではなく普通に巻いて釣ってました。「たぶんあれがあのテクニックの事だろう」と思いながら横目で見てましたが、サンクの大会第2戦でロデオクラフトテスターOさんに見せてもらったような大会中なのに神懸り的な爆釣を見せてもらい大変勉強になりました。昨日のプラではあんなに昼間苦しかったのに・・・・・。私が知らなかっただけで攻略法はまだまだあったんですね。活性が下がったら壮絶な凌ぎ合いなんて書いた自分が恥ずかしいです(笑)もう、凄いとかビックリしたとかいう次元を超えて笑えてきました。ちょっと前まであんなに釣れにくい平谷湖だったのに、何故ドットコムの予選釣果記録がここで更新なの~~~~~?(泣)って感じです。予選総釣果1位のこの方は90分で58本・・・・・。凄すぎる・・・・・。この破壊力抜群のスプーンは管釣り通が集まるナチュラリストさんやグースさんにも現物は置いてなかったので(たぶん)、ネットショップで調べてもかなり色によって欠品しているので、これまたアンドウさんで問屋にあるのかどうか聞いてもらってます。あったら取り寄せてもらいます。


いよいよ自分の釣りする番になって、今度は全く作戦も立てれない位に空いてる場所は一箇所しか空いてませんでした。そしたら左隣りにはナチュラリスト守山店の店長Sさんがおられるではないですか~。予選が同じ組だとは知りませんでした。物凄い平谷湖通のSさんは「これが(予選第3ステージが)終わったら寝れる。」と知り合いに話しながらスタート準備を終え、ロッドを持ったまま瞑想・・・・・・・。

っていうかマジ寝して起こされてるし(爆)

Sさん昨日の朝もプラしてるの見たんだけど寝てないってどういうこと?えっ!!まさか!?
本人に聞いた訳ではないですが、昨日の朝一だけ平谷湖でプラして、名古屋に帰ってお店で仕事して(たな卸しらしい)、また大会で平谷湖に来られたのではないかと・・・・。本当に会社員の鏡のような人です。土曜日に本当は休日出勤日だったのを「用事ある」といって休み、釣りしてBBQ食べてロッヂで寝てた私と大違いです。お盆くらいからナチュラリストさんにも行かせてもらうようになりました。やはり定番スプーンのオリカラ系の品揃えが素晴らしいので、本当に助かります。釣りビジョンの「ギアステ」で電話で出演し「平谷湖の事なら俺に聞け」と決めセリフおっしゃってましたが、私もたくさん聞きました(笑)それで全てその通りでした。「これ平谷湖でどうですか?」と聞いてSさんがニコっと笑ってうなずいたルアーに外れはありません。


第2ポンドの川側ですけど、ここも散々夏場に練習したので何を投げたらいいのかとかも自分の頭には入ってます。しかも、目の前で爆釣を見せられた例マイクロスプーンなんですが、通販で直前に2枚だけ取り寄せてました(笑)しかし、欲が出てしまい「ロストが怖いから決勝に取っておこう」と投げない事を決意。今ある持ち駒で全力で釣りに行くならこういう順番で~。というローテも同じく決勝前にロストが怖いので全く外して違うスプーンから釣り始めました。当然、前半組みに叩かれさらに気温も上がって渋くなった状態では通用することなく、とくにクランクで投げたいものが一致してた(っていうかナチュラリストで教えてもらって買い集めた)Sさんに立て続けに左側で7本抜かれて私が投げて通用するものがなくなってしまい、困った時のピューパSRで何とか2本・・・・。余裕の予選通過どころじゃなくなってしまいました。3ステージ90分で合計は30本釣れてたんですが、後で振り返るとこ第3ステージで手を抜いた事が本当に失敗でした。そして、もう少し冷静に対処できていればもっともっと本数は伸ばせたはずです。第2ステージでエンジン掛かりだした時にやっと「いらん力入って硬くなっとるなぁ~」と気が付いたくらいでしたので、そりゃ~バラすわなぁ~と反省してました。

決勝進出者を発表する前にマッハでソースカツ丼を食べ終えて、決勝進出者発表を聞きました。アイビーのHさんは35本でB組後半2番目に呼ばれました。ですので、4番目位に呼ばれるのかなぁ~?と思ってたんですが、

4番目・・・・・。違う
5番目・・・・・。違う

マジで?やっちまったか?と思いましたが何とか7人予選通過の6人目で呼ばれました。
by fbsgifu | 2008-09-17 23:41
第2ステージは難しいエキスパートポンドで大会ではCエリアと呼ばれている場所で湾曲しているエキスパートポンド全面を20人でシェアして釣っていきます。私が担当の方は放流が無い中ではナイス選択だと思える取水の青い水門近くの場所を確保し例によって表層を綺麗に釣って行きました。それが基本っていうのかどうか解らないんですけど、表層の釣りはある程度魚が漂っているのが見えている水深に合わせてレンジキープして引いてきます。ですのでこの方も見事な巻きで全くぶれる事なくレンジキープして釣っておられてるんですが、魚はなかなか反応してくれません。これは夏の間通いまくって知った事なんですが、平谷湖ではとにかくスプーンで魚にスイッチ入れさせるには水面に波紋を出すか出さないかのギリギリ(プラグは波紋出した方が反応いいですけど)のレンジを引続ける事が第1に重要で、その後スプーンの種類やカラー選択へとシフトしていくことが釣るコツでした。(活性によっては見える層と合わせた方が良かった日もあったけど)

なので、こんな気難しい平谷湖でなければ本当はたくさん釣れてたのにこの方は無念の0匹・・・。

次は私達の釣る番なのですが、ここで当初の予定通り放流が入り、魚を入れている間の30分間は休憩です。その間に自分のタックルが置いてある場所に行き、昨日プラの結果を踏まえて夜なべして取り出しやすいように順番通りに並べていたスプーンを見直しました。「放流=オレキン」という実績しかない私だったので、オレキンを使ってバラしまくってたのを「今日の平谷湖に合ってないのだろう」と思ったので、知り合いの中で話題になっている色を私が所有している種類のスプーンに片っ端からエアブラシ使って塗ったオリジナルの色があったのを思い出し、全部並べてスタンバイし、これで放流を獲ってやろうと思いました。

で、第1ステージで最後まで釣りして順番待ちで最後だったので釣り座選びも最後なんですが、放流目当てで、魚が入れられる第2ポンドの境目にある場所にギュウギュウ詰めで放流狙いの人が並び、あえてそちら側に入らない人が2人いて、私は放流狙いの並びの一番端っこ18番目の場所で狙ってました(笑)なので右側は釣り人が40メータくらい離れたとこにいました。

しかし、ある程度の作戦と言うか、第1ステージのエキスパートエリアで人の並び方が昨晩入れた放流魚狙いで同じ現象が起きていたのを見て次の順番待ちは最後でもいいと審判しながら私は確信してました。エキスパートエリアの魚の固まる場所とか、投げる方向とか夏場散々調べまくったので内心やってやるぞ~。と思いながらスタートを待ちました。

スタートして放流狙いの人は勢いよく釣っていたようですが、私もバラしが多少あったもののガンガン釣っていきました。真ん中狙って釣って、ちょっと方向ずらして釣って、右側もいないし~みたいな感じで放直狙い組よりも入れ食いしてました。ここでようやく夏場に通ったのが活きたので嬉しかったです。私の入れ食いを見て左隣にいたお姉さんが場所を私の右側に移動してきたんですが、それでも1匹しか釣れませんでした。それは理由があるんですけど何故なのかは秘密で(笑)自分で塗った話題のカラーシリーズと、買い捲ったマイクロスプーンのローテでこのステージは16本釣りました。

アドレナリン出まくりで手応え充分でたぶん予選の組上位に上がったのでは?と思って調子にのってしまい、この後自分で悪い流れにしていまいました。
by fbsgifu | 2008-09-16 00:00
朝一に受付を済ませて、エントリーの順番を決めれるクジを引きました。今回は3名欠席があったので117名の参加、その中で43番というクジを引きました。昨日の平谷湖営業終了後に放流が入っているし、前日プラでも朝一は爆釣しているのでたぶんみんな先に釣りができる前半組を選んでいくんだろうなぁと思っていたところ案の定そうなっていき、私は前日のプランどおりにもっともみんなが入りたくないと思うであろうBエリアのさらに入りたがらないであろう後半組みに入りました。みんなが入りたがらないので、Bの後半2番目で釣り座を選べるようになりました。これはラッキーでした。

ダブルジャッジ方式なので3ステージ前後半ともに同じ人相手に審判してもらい審判するんですが、私の担当していただいた方は関西から来られていて、サンクの大会にも出ておられる方です。まずは、前半組の方が釣りに入られるのですが、ここで状況変化が起きました。いつもなら回しっぱなしにしている、魚の活性をあげるためにモーターで回していた水車や水を噴き上げるポンプを止めました。「これで魚の付き場が変わるなぁ」と思いながらも前半組みの方がスタート。私担当の方は物凄く釣りが綺麗でした。キャスト、リトリーブ、ランディング全てが綺麗でした。Bエリアは第一ポンドの山側と第2ポンドの山側を20人で振り分けて釣り座を選んで釣っていくんですが、第一ポンドの島のくぼみを狙って丁寧に釣られたその方は両隣りの方たちより明らかに釣り勝ち、1ステージ30分間で16本釣り上げられました。朝一にしても凄い釣果だなぁと関心して審判してました。

いよいよ後半組みの出番になって約20人いる中で2番目に選べる私は苦手な第2ポンドの山側を選択し、第一ポンド寄り桟橋ギリギリに釣り座を構えたかったんです。なぜなら、ここの場所に特徴があって、第一ポンドから流れている水流のある水を太いパイプで第二ポンドの島に沿って流している水流があって(電気のモーターとかと違ってこれは止められない)、その流れに集まっている活性の高い魚がいるのを知ってたからです。そしたら2番目選択で広いBエリアの中から悠々選べたはずなのに先行者がいました。アイビーのH部長(爆)昨日のコーヒーマッチ負け負けコンビで隣同士で釣りしました(笑)やはりそこは百戦錬磨でプラもきっちりされていたHさん。平谷湖をきっちり把握しておられます。

そしていざスタートしたんですが、前半組みでも場所によってはステージ時間終了近くの10分間(1ステージ30分)は釣れなくなってきているなか、私達が選んだ場所は

「爆釣」(笑)

しかし、これはHさんだけで、私はというと

「掛けた魚の数は同じなのにバラしすぎ(涙)」そして

「ライン巻き変えるのに結び目にテープ貼るの忘れた(泣)」

「スプーンのカラー選択ミス(大泣)」

「夏の特訓で見つけて一番頼りにしていていたスプーンの一番釣れるカラーがラインブレイクで殉職(絶句)」

Hさんはミスもなく確実に一本ずつ丁寧に取っていき21本という劇的な釣果で悠々と次の場所取りに行きました。私は最後の最後まで粘って釣り続けて第2ステージのエリア選択が一番最後になりました。バラしまくったけど何とか12本確保できました。
by fbsgifu | 2008-09-15 23:48
主催のドットコムさんと平谷湖のマダムが特別な計らいでBBQとロッジ泊をありえない値段で提供してくださったので迷うことなく応募(笑)平谷湖のマダムにはまたお世話になってしまった。さらに頭があがらなくなってしまった。BBQにはサンクの大会でよくお会いする人を中心に賑やかに宴が行われました。

わたしはひかるさんと一緒におとなしく・・・(笑) 慣れた方だと話ができるんですけど四十路を前にしてもまだ人見知りするので・・・。ですが、今回自己紹介の場を設けていただきたくさんの方とお話させてもらえました。やはりこれが一番の財産です。自己紹介の場も設けていただき、名前と一緒に「私は管釣り会の~~です。」と言えと言われたので「多治見からきたハッシーです。管釣り界の国道153号線です。」と意味不明なこと言っておきました(笑)釣り場だと知り合い同士で固まるし、ましてや全員がライバルである大会の場ですから余計にそうなっていますんですが知り合いの方が増えてとても嬉しいです。そしていつも思うのはサンクのチャンピオンシップトーナメントでよくご一緒させてもらう方達の懐の広さ。自分が選手として頑張っておられる最中でも管釣りや管釣り大会全体を盛り上げる為にこういう親睦にも凄く力を入れておられるのにはいつも関心してます。

そんな最中、前回のもろこしカップの親睦会でもご一緒していただいたバスデイのテスター山崎さんの隣りだったので、もうすぐバスデイさんから発売の新クランク「ヘリウム」の話や車中泊の便利グッズの話などいろいろと教えてもらいました。このクランクはすでに予約してます。ちょうど先週のもろこしカップ後にいつもFB’s岐阜の53pick up!にご協賛していただき大変お世話になっている「ルアーショップ アンドウ」さんにヘリウムの話をして、取り寄せてもらえないかと尋ねたところ、「今度、豊橋にある釣具問屋の発表会がありますからあれば仕入れてきますよ」と嬉しいお話をいただき、金曜日に大会へ向かう前におつかいを頼まれたのでアンドウさんに寄ったところ「発注完了しました。月末には入る予定です」と教えてもらいました。とりあえず、2タイプSSとFがありますが各一色キープ。(計24個?)

当然、平谷で使っているのも見てますけど、3回投げて3匹釣ってすぐに色を変えて~みたいのを横で暑い中練習しながら見てましたから。これから、平谷のトラキンとサンクのチャンピオンシップを前に欲しい時に無かったら困りますので予算は厳しいけどまとめて買います。できれば私が買い取ってアンドウさんに残った分も売れて欲しくないけど~(笑)

宴も終了し、ロッジにはひかるさんとわたしともう一人大垣からこられてサンクのチャンピオンシップにも出られているIKECHANさんと3人で泊まりました。ひかるさんは大会レギュレーションに合わせてタックルを整理するのに、私はあれだけ夏場平谷湖に通い続けたのにフックを変えてなかったので道具の整理で寝たのが夜の11時半過ぎてました。ちなみに起床は朝4時予定でした(泣)
by fbsgifu | 2008-09-15 22:22
9月13日(土)は前日の地震の予言を一応気にして前日入りして車中泊しました。(予言が外れてよかったけど雲は地震雲っぽいなぁ)

朝起きてみて・・・・。

「寒っ。」

地震は起きなかったようですが、平谷村の最低気温は16℃でした。さすがに120人が参加する大会の前日ともなると開場前から凄い人でした。なんとか早く準備を済ませて苦手意識が取れていない第2ポンドの山側に入りました。ここは、もともと釣りにくいので普段でも人がはいりたがらない場所です。この日もスタートで出遅れたにも関わらず空いてました。前日の営業終了後に放流があったのことですが・・・・・・。

「大爆釣」(笑)

普通に爆釣しました。プラじゃなかったら釣る事に専念してもっと数は伸ばせたんですが、ここぞばかりに毎キャストごとにルアーを取り替えたり、重さを変えたり、色を変えてみたりしてました。そしたら1時間くらいで

「シーーーーーーン」(静)

急ブレーキを踏んだかのように活性が落ちました(泣)そして何故かわかんないけど、普段なら川側の方が良く釣れるのにこの日の午前中に限っては私がいた方が釣れてました。見える魚が少なかったので、中層も狙ってみました。表層から引き始めて巻きながらレンジを落として行くスプーンと釣り方で、沈黙した中でも何本か魚がとれたので大会の予選はスタートはここのエリアから入ろうと決めました。そして、開場してから1時間半後にプラ同行してくださったGREEの管釣り部ひかるさんと合流しました。8月にも二人で一緒に平谷湖で練習したし、この日もその時の釣果を頼りに頑張ったんですが、9時頃からは全くお手上げ状態になりました。

この日はIOSファクトリーさんが出張ブースを出しておられたので、昼ごはん後に私の日記を見て興味を持ちつつもIOSさんに観てもらう事を何故か嫌がるひかるさんをIOSブースに強制連行。予算に限りがある中4台もリールの診断をしてもらって、ライトチューンも受けてもらいました。ある程度私みたいにボロいリールを凄いリールに変身させてもらった訳ではないし、ひかるさんはIOSオイルも普段から挿しておられたので驚きまではいかなかったようですが、リールが良くなった事は解ってもらえました。

そしてこの日の釣りは全く不調。この後はさっぱり頭打ちでコーヒーマッチもひかるさん相手に2敗。しかもひかるさんはこの日の総釣果が確か5匹以下だったのに、そのひかるさん相手にに2敗(笑)アイビーのH広報部長さんに誘われて、D夫妻さんやサンクの大会ネタブログでおなじみのJ君など総勢6人で二人負けのコーヒーマッチを開催しました。J君が得意のコンプで一抜けしてその後次々と抜けていき結局私とH部長さんで2人負け(泣)

「今日はだめでしたけど明日釣れればいいや。」「じゃあ、ハッシー君のコーヒーは私がおごるから。」「ではHさんのは私が」なんて情けない2人がみじめにやってましたが、(Hさんこの日2敗目、私3敗目)大会当日はこの二人が活躍しました。プラの結果から思ったのは

「大会当日は放直でバタバタ釣れて、活性が落ちた後は壮絶な渋い試合になるだろう」

と予想してプラを終了しました。けど、この予想は日本中より終結した凄腕の管釣り師や凄いスプーンなどにより思いっきり覆されました。
by fbsgifu | 2008-09-15 21:29