(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

この日は入鹿池でのISBA初戦です。ぶっつけ本番で参加しました。出るからには諦めてはいませんが、気合は足りていません(笑)しかも今年初入鹿池釣行です。何年か前に3月末と言えば290人位で愛知チャプターをやったのに全員ノーフィッシュという記録がある気難しい入鹿池です。そんな時期なので生半可に通用する訳はないと思いつつ、何とかスタート時間ギリギリに準備が終わりました。私もISBAでは新参者の部類に入りますが今回の試合はなんと人の多い事・・・・。タク石黒さんと会長さんの人柄と熱心なメンバーの頑張りでここまで成長しました。私のようなオジサンは足を引っ張らない程度についていこうと思います(笑)

前日は、北風が吹いていたので風下エリアになる稲荷山や入鹿荘ワンドは入らないように決めて今井方面に向けて走りました。今年からハイパワー化したエレキで多数の人が出場しているので皆さんの早い事早い事・・・・。今井だったら30分位到着時間の違いがあります。しかもハイパワー化したついでに皆さんの魚探はサイドイメージだし(驚)

案の定、赤壁行くまでは、引き波で出来た泡が消えない状態になってましたが、今井の入り口に入ったところで泡は消えて、ベイトの反応が出だしました。今井の大きいワンドに入る手前にある岩盤を今日のメイン場所と決めてひたすら打ってました。最初はキッカーイーターで岩盤沿いに投げてリアクションメインで釣ってました。何回かチェイスはあったんですが喰いそうな気配がしなかったので、ワームにチェンジ。時折あきらかにバスだろうというボイルが起こりますが、こんな日の入鹿池はワームなんかでやってもなかなか通用しないのを身を持って知っているくせにワームでやってしまいました。余計にダメんですけど、ワームを使える快感に浸りながら南下しました。

スタートしてから今井に行くまでにターンオーバーの影響なのか湖の真ん中で魚探の反応が一切しなかったので、取水塔近辺が気になってチェックしにしきました。あんなに湖の真ん中で魚の反応がしなかったのは珍しいです。ほとんど鵜に喰われてしまったようです。

取水塔付近に行けば魚の反応はありました。そしてその奥のワンドも見に行こうとと思ったら岩盤沿いにバス発見!!!こんな水の冷たい時期に浮いているバスは発見しても釣れないそうです。大会前日プラの日にまたバスを釣ってしまった岩田先生が言ってました。私は結局その近辺をあらゆるルアーで攻めまくったんですが、結局無視されたままでした。その取水塔奥のワンドでは3匹位バスを見ました。

そして、大会は終了。今回はウェイインは2人で、一人は五条でイマカツシャッドで釣った初参加の方でした。優勝はISBAのホームページで今年初バスのデッカイ写真を掲載されている中村君。(手漕ぎで出場タクさん曰く「手漕ぎハンター」)彼は今井ワンドで前日陸っぱりプラをしてバスとベイトの着き場を発見していて(真冬でも入鹿池に通っていた。やっぱり練習した人は強い)、昨日とはパターンは違うけれど、ラバジ赤+バックスホッグ赤3/8ozのホンガリングで40後半のバスを一本釣り上げました。詳細はISBAのホームページに載ると思いますのでお楽しみに!


あ~。くやし~~~。と入鹿亭でカツ丼食いながら(まいう~)心底思ってはみたものの頭の中では次の日に瑞浪で使うシェイプで一杯でした(爆)

こんな感じの時期入鹿池だと私の引き出しの中では銀箔系のショートリップミノーのストップアンドゴーでワカサギに似せて食わせる「がんちゃん」が発見したパターンか、これも「がんちゃん」発見パターンのフラッシュトリックスのジグヘッドリグか、レッドフィンというコットンコーデル社のミノーでカラーがリップの先まで銀色のルアーでジャーク&ストップで浮かして釣るぐらいしか思いつきませんでしたが、今回ホンガリングも効くんだということを教えてもらってまた勉強させてもらいました。
a0083638_21421783.jpg

by fbsgifu | 2008-03-31 21:38
この日は瑞浪に行きました。この後の記事に書きますが、マイミクの「しんさん」に前から熱望していた管釣りロッド「SHAPE」がネット系の有名店さんで売りに出てるよ。と教えてくださったので、迷うことなく速攻で注文しました。(秒殺でまた売り切れになりましたが・笑)うまいこと宅急便から引き取れば瑞浪に行く前に佐川急便の多治見営業所経由で引き取ってから行こうと思いましたが、営業所止めに指定しなかったので時間が9時引渡しになると言われたのでこの日のシェイプデビューは断念してスワンドライブだけ持って瑞浪に営業開始と同時に行きました。

今まではずっと1号池だったんですが、今日は数狙いを期待して2号池に入りました。朝一番は活性が高いはずなのにあまり反応はなく、何とかマートーの0,9蛍光イエローを使い表層でポロポロ釣っていきましたが後が続かず、回りの人もスティックかフライの人しか釣れない状態になりました。

昼になって放流が入って復活!!

以前の記事でサンクチュアリの大会で敗者復活で魚を掛けれたあのドーナの2g金にオレンジを部分的に塗ったスプーンでラッシュをかける。(10連発ほど)放流魚には本当に自信つけました。ビッシビシ掛けてスワンドライブだから外れにくい。次のサンクの大会が楽しみです。しかし、その後はまた反応しなくなり、ポロっと拾っていく展開になったまま夕方になりました。

最後に、水車横のいい場所が空いたので入らせてもらい、NOAjrのモカカラーで3本搾り出して終了になりました。

ヒットルアー
マートー0.9g  蛍光イエロー・グリーン
NORjr0、6g  モカ・ブルー・銀箔
ドーナ1,0g    ブルー
ドーナ2,0g   ゴールド(自作オレ金)
ティアロ1.3  ニジマスカラー
などなど・・・・。

この日は26匹でした。一箇所だけクランクが効いてた場所があったんですが、その場所以外はスティックが一番強かったです。ボトムの人も釣れてましたが本当にポツポツでした。混雑もあまりしていませんでした。先週と打って変わって冬の寒さでしたから。

瑞浪釣行が終わった帰り道に佐川急便の多治見営業所によって、シェイプを引き取ってきました。3ヶ月間待ち焦がれたロッドをやって入手することができました。
by fbsgifu | 2008-03-31 19:27

先週末の悲惨な釣行

先週は、土曜日に北方に行って9匹、瑞浪に行って15匹という最悪な結果に終わりました。

北方は到着したのが8時ですでに人は一杯で、対岸に渡って何とかネット近くの場所に入れたんですけど、本当にスレてたのとそれ以前に降った大雨でマスが下流に流れてしまったみたいでストックが減った影響もあります。(変わりにバスが何匹か泳いどったけど、ワームは使用禁止だし・爆)私のどんどん増えているスプーンのストックを使ってローテ(カラーローテ、ウェイトローテ)しても反応が無く(浅いので見えてしまう・・・)、魚が低い位置で追ってくるのが見えたので、ペンタの1.0gを底ギリギリにゆっくりリトリーブして何とか午前中に9匹取っていきました。昼過ぎにいつもの釣りなれた場所が空いたのでそっちに行ったんですがそれが大間違いで、昼からは0匹です・・・・・。

日曜日は鱒皇子隊長と、待ち合わせして瑞浪へ・・・。受付を2番で済ませて一等場所のすぐ隣りの場所を確保して意気揚々と釣りしたんですが、先週よかったNOAjr1,4gを底まで落として巻き上げてくるパターンは不発でアタリがありません。とりあえず、シルエットを小さくした時だけ反応が得られたので、フォレストさんの「アトミック」というペレットパターン系の豆粒みたいなスプーンを投げて、底に落として巻き上げてくると何故か釣れ始めました。私はボトムの釣りができないので、本当に巻いてたんですが、何故かあのルアーで釣れました。(これ以上小さいのは無いぞーと思いながらやけくそで投げたらつれた・笑 理由が解らない)右隣のエキスパートさんは横幅の広い見たこともないようなスプーン(蛍光イエロー)でひたすら釣り続けてました。ちょうど今の時期は季節の変わり目で、つい先週までは一等場所だったこの日私が入った場所は昼過ぎには私の持ち駒では何も反応しなくなりました。どうやら魚の固まる場所が変わったみたいでした。偶然こられてたANさんは厳しいと言いながらも魚の反応するパターンを捕まれたようで、毎キャストあたりがあるとおっしゃって、2号池でビシビシ50匹位は釣ってはりました。(さすがです)私の瑞浪での釣果は結局15匹でした。(50センチ後半のF1含む。)鱒皇子隊長ランディングありがとうございました。)その後、同行したみなさんとファミレスに行き、親睦を深めてきました。鱒皇子隊長さんの主宰するGREEの管釣り部に入隊させていただきました。これからも気を引き締めて管釣りに励みたいと思います。

ただ、北方も瑞浪もやられっぱなしでは悔しいので31日に休みが取れたのでリベンジしたいと思います。目標は30匹(低っ!!!!)

誘ってくださった鱒皇子隊長とメンバーの皆様(京都から下道で参戦されたつわものさんもおられました)、ANさん、偶然つりにこられてたいつも通っている接骨院の先生、本当にお疲れ様でした。
by fbsgifu | 2008-03-26 01:00

さらば鮭バック

月曜日に、可児市役所に行った後に今渡の上州屋に行ってスプーンを物色してました。そして、紙やすりが欲しかったので、道路向かいにあるホームセンターバローに行きました。

そしたら、偶然トラウト用のタックルBOXに最適なサイズなのが780円で売ってるではありませんか~。即バイトして購入しました。サンクチュアリの大会参加者さんはほとんどが自作でロッドホルダーを付けられた方ばかりなので、いろいろと見させてもらっていたおかげですぐに必要なものが準備できました。本当ならすぐにでも完成させたいのですが、火曜日に軽いギックリ腰になってしまい、一昨日、昨日と仕事と接骨院から帰ってきたらすぐに寝たのでほったらかしてたんですが、本日になって大分楽になってきたので一気に完成させました。

手先が不器用な私が作ったので見た目は酷いですが、使用感は全く問題ありません。ちなみにBOX込みで2500円以下で作れました。

今週の週末にさっそくデビューさせます。日曜日は鱒皇子さんから瑞浪にお誘いを受けてましたので、そちらで同行させていただきます。土曜日は本当ならば入鹿池にISBA緒戦のプラで入らないといけないのですが、腰の容態を考慮して北方に変更します。

いつでもどこでも好評だった鮭バックでしたが、そろそろお役ゴメンとなりそうです。リクエストがあれば現場に持っていきますので(飲み物や食べ物やカイロを入れときます)私と管釣りでご一緒される予定の方は「鮭バック希望」とコメントいただければと思います(笑)
a0083638_22302161.jpg

by fbsgifu | 2008-03-20 22:30

初ゴルフラウンド

3月17日(月)恵那市の笹平カントリークラブでゴルフ場デビューしてきました。ゴルフの師匠松っちゃんから、「プレー代は5500円」て聞いたのでどんなボロボロのゴルフ場かと思いきやクラブハウスは綺麗だし、セルフプレーだったのに要所でゴルフ場の社員さんは親切に対応してくれるし、人気なのかして平日にも関わらず人は多かったです。しかもプレー代に昼食のランチとお風呂代も含まれているのでとてもビックリしました。(平日だと安いんですね)今回は松っちゃんの特別招待に便乗して参加させてもらい、松っちゃんの会社の同僚さんと3人で周りました。とりあえず私は同組の人や、前後の組の人とかに迷惑かけないようにということばかり考えてたので、プレーはボロボロで何をやっていたのか記憶がない位で、前半は79という大たたきでした。後半に入り、すこし慣れて落ち着いたのか成績を取り戻して後半は67で、トータルは146でした。今回も反省しきりです。昨日の小渕53が終わった後に管釣りに行かずに、打ちっぱなし練習行っとくべきでした(笑)

それと、正月に買った特注のドライバーも使って失敗ばかりでした。ドラコン用の使いにくいものをあえて、ゴルフ場で使う必要はなかったんですが、後半ラウンドはそのドライバーを封印して使わないようにしたら後半開始から3ホール連続でティーショットがフェアウェイをキープできて凄く気持ちが良かったです。静かな山間の中にドライバーで打った音が響き、気持ちよく飛んでいくボールを眺めるのは凄く気分がいいもんですね。こちらもすっかり嵌ってますが、釣欲には勝てないので次にもしかホールに行くのであれば、真夏の暑すぎてどうしようもない時になると思われます(笑)

ラウンド終了後、4時ちょい前だったんですが、急いで可児市役所に出向き、昨日の可児市53の報告書を可児市役所関係各所に持っていて報告とお礼をして帰ってきました。
by fbsgifu | 2008-03-17 20:17
3月16日(日)可児市小渕ダム53pick up!17名の参加者にお集まりいただき、清掃活動を行いました。今日は、絶好の釣り日和の中わざわざお集まりいただいた皆さんに感謝です。主催者のこりき君はわざわざこの為に群馬から一時帰郷して開催責任者を頑張ってくれました。良い、お日柄だったので気持ちよく清掃してみんなでワイワイと釣り談義できて楽しかったです。また、次回も開催できればみんなでワイワイやりたいと思いますので、皆様のご参加をお待ちしております。
a0083638_19395830.jpg

ちなみに、みんなで集めたゴミを可児市環境課様に指定された場所にこりき君と運んだあとに、私は瑞浪FPに午後券で入りました。NOAのボトムからの巻上げで何本か一号池で掛けました。
by fbsgifu | 2008-03-17 19:42 | 釣り場環境保全活動

サンクチュアリ大会

3月15日(土)サンクチュアリのチャンピオンシップトーナメント第1戦に参加してきました。

前日の金曜日に仕事は残業+30分余分に残れと言われたのを「用事がある」と断って速攻で帰宅し、風呂に入ってそのまま釣りできる状態で(体にカイロとか貼って)夜8時半に出発し現地に10時前に到着。(勝手が解らないから)サンクの入り口は閉まっていたのですぐ側にある道の駅で就寝。車中箔は慣れたもので、寝初めてから軽く目覚めて「トイレ行こうかなぁ」と思って「今は夜中の2時くらい?」と思ったら5時で丁度よい時間(笑)2番乗りでゲートの前に到着。トラキンに1回だけ参加した事があるのでそのときの試合内容を元に予想して受付に行きました、早く受け付けに行ったので組の前半に釣るか後半に釣るかの選択で前半を選べました(ここが大きな選択ミスその1)今回ビックリしたのは、伊自良湖53に去年夏から参加されてた大学院生の方と偶然大会で再会しました。(この前の中池53でも会ったし、この大会の次の日の小渕ダム53にも来ていただきました)

今回はC組みの前半からスタートで、私はスワンドライブ1本だけもって参加したんですが、この選択もミスした模様で、前日の大雨と当日の結構な風と寒さでタフってました。(PEで固めの竿も必要だった)それに輪をかけてダメだったのはどうも軽いスプーンから選んでしまう悪い癖があるし、スプーンに迷いだらけで最初のラウンドは0でバイトも取れませんでした。今回ラッキーな事に2人一組で入れ替わって釣りする方が決勝に残られた方でほぼ同一スプーンの「オレ金」系のベース同じ色の細かなローテーションのみで押し通し、見事に決勝に残られた釣りを見させてもらって勉強になりました。(っていうかあとで書くけど同じようなスプーン持ってましたけども・笑)

ペアの方の隣りで後半組で釣りしていた方も第一ステージはたくさん釣られていて、その方が連発されていたスプーンは偶然にも私が持っていたスプーンだったので、第2ステージで使いました。しかも運がいい事にいい場所に入れたんですが、3バイト3バラシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(泣)どうもバス釣りの癖がとれず、スワンドライブで掛けた場合はロッドを下に下げた状態でリールをグリグリ巻かないといけないのに竿を上に上げた状態にしてしまってフックをマスの口からすっぽかしてしました。ティアロ1.6の緑系マジョーラーカラーのパターンは3発目をばらした瞬間に終わってしまったようでこの後バイトがなくなりました・・・・・。

第3ステージは私が選んで入った場所がダメだったようで周囲6~7人全員釣れてませんでした。そして入ったエリアの遠い側の端の方で釣れてました。ステージ間に次の順番待ちを決めるのは早く釣りを切り上げて、順番待ちエリアに早く入って次のステージにいい場所に入ってそこでの釣りに掛けるか、それとも今の場所で粘るかという読みも大きな要素です。私の組の後半でトラキンマイスターさんの戦略と釣りにビビらされてしまいました。その方は第2ステージまで2本と不調だったんですが、第2ステージで早めに釣りを切り上げて順番待ちゾーンに並び、第3ステージに一番ノリでで流れ出し際のポイントを確保しました。そこから・・・・・・。



13本!!!!(ありえへん・・・)凄いものを見せてもらいました。予選落ち危機から一躍トップ通過です。ただ、このラッシュをしていた際に釣りすぎたのとアタリルアーをロストされていたのでこの後決勝で・・・・・。なんですが、、、

私は、トリプル0匹というとんでもない失態をしてしまいました(笑)たぶんこれで逆に火がつくと思われます(笑)53に来てくれるS君も何本かは獲れてたみたいですが、決勝には残れませんでした。

そしてこの大会では「敗者復活戦」というルールがあり、予選落ちした全員で一斉に早掛け勝負で3人が勝ちあがる事ができます。まぁ、1投目で勝負は決まるだろうなぁと思ってはいたんですが、スタートして2人はすぐに釣り上げて勝ちあがりました。次に3人目で掛けた人がいました。



















俺です(爆)

ドーナの2g金色に自分で適当にオレンジに塗った「自作オレ金」(どうもペアの人もこの手のルアーだったようです。動きがドーナっぽかった)にヒットしたんですが、先に竿を下に向けてグリグリ巻いてある程度近くまで寄せてから竿をさばかないといけないのに、右側の遠い所で魚の存在が解った瞬間にバス釣りの癖で竿でさばく動作を入れてしまい・・・・・・。


無念のフックアウト(泣)
で、3人目は若い女の子が勝ちあがっていきました。

あーあ。しばらく放心状態でしたが、心臓バクバクでした。これはさらに大会の魅力にはまりこんでしまいそうです(次の日に、しゅーさんから末期的症状だと直にコメントいただきました・笑)

次に決勝戦の審判をしながら、予選成績の順で決勝1・2ステージの出だしのエリア選択がはじまり、駆け引きと釣りを見てました。私が決勝の審判を担当した側にさっきのエキスパートさんがいて、1ステージ目にそうそうに釣りを切り上げてさっき13本抜いた例の場所をキープするべく順番待ちに1番で並ばれてました。決勝第1ステージでもその場所でたくさん魚が釣れてたので第2ステージはどうなるのかと見守ってました。そしたら第2ステージでその排水口ギリギリにポジションを取った方は魚を見失われたようで、ちょこっと釣っただけでした。そして、その隣りにピッタリマークするように入られた方が怒涛のように釣りまくり、結局この隣りに入られた方が優勝を勝ち取っていきました。(その釣りと気迫も圧巻)魚の群れが少し横に移動したのか理由は解りませんが、ついその30分位前に13本ボコボコに釣れた場所が一気に沈黙するんですねぇ。いやぁ。今回は審判に入った場所に恵まれていい勝負見させてもらいましたわ~。


今回は従業員兼大会委員の若い方が「こんな放流しても釣れないのは珍しいなぁ(トラキンマイスターさんがたくさん出てるのに)」と言ってたくらいで、大雨の濁りと強風で(花粉症の人にはもっと過酷です)タフな中での大会でしたので、フックとかドラグ調整とかタックルセッティングとかいろんな面でシビアにやらないといけない事を痛感しました。よく、雑誌とか見るとエキスパートな方はワレットの中にフックを入れてた意味が今回よく解りましたし、今回の大会はメーカーのテスターさんがたくさんいたので「プロトのフックは使っていいの?」と大会前のミーティングで質問が出てて、この大会のルールとしてフックは市販品のみを使用が前提とのことでダメだったんですけど、そういう所の一本獲る為の準備の大事さを学びました。そして今回大会にでておられた方で、優勝された方はここ何年かJB戦でよくみかけた方でした。(おめでとうございます)、参加者の中には私が7~8年前に三重チャプターに出て青連寺ダムに通ってた時に見かけた方がたくさんいたので嬉しかったです。

悔しいので大会終了後にも居残って釣りしてましたが2号池では全く歯が立ちませんでした(笑)そして、心折れて1号池に逃げました。噴水に向いてイロイロと重めのスプーンを投げてました。こちらでも5~6度ほどアタリを取り逃がし苦戦してましたがなんとかマートーの1.5カラシで一本取れて時間切れになりました。
a0083638_22252912.jpg

by fbsgifu | 2008-03-16 22:50

スワンドライブの感想

今回、やっとスワンドライブでそれらしい釣りにかろうじてなったので、いっちょまえに感想を書かせてもらいます。とにかく今回購入してとても満足しています。バスでいうところの「グラスロッドだから」というのとは違って、昨日のジュネスのような強風のコンディションでもある程度は「感じて」釣ることができました。「スプーンの後ろに魚が付いてきてる」というのを感じ取り、ラインが走ったかなぁと思った瞬間に「ゴーン!!!」というアタリがあります。(すでに乗っている)咥えて反転した時には凄い衝撃でした(ジュネスの魚がパワフルだったので特に)朝一番のサービスタイム時に取れたアタリはこんな感じで、キャッチできた魚のフックのグッサリささった加減は「さすがグラス」と感心しました。この一連の感覚は一日経った今でも思い出しますが病み付きになりそうです。魚の気配を感じて糸が張り出したら次の瞬間には魚が乗っている。一応の合せの動作は今までの癖で入れてましたが実際に必要なのかどうかはもっと使い込んでからいろいろ合わせの方法なども試したいと思います。

確かに今回は結構な風が吹いていて、たまたま同行者が横でセンシティブとシェイプを使われていて、さすがに今日のような風のコンデションではアタリが明確に取れる両ロッドに分があるなとは思いましたし、ダントツに魚を掛けていたのはセンシティブで釣っておられた方でした。しかしその両名はバラシに悩まされておりましたので今日のコンデションでは引き分けでした。(というかスプーンの所有量とかも関係あるし・・・。)

それと今日、一番嬉しかったのは「マーシャルトーナメント」というスプーンで釣れたいうのが嬉しかったです。以前まで使っていたベロベロのロッドでマーシャルトーナメントを使うとスプーンがアクションしなくて棒が真っ直ぐ泳いでくるようなので余計に釣れなくなるという悪循環になってました。スワンドライブで投げた場合にはゆっくり目で巻いてもきちんとお尻を振ってスプーンはきちんと泳ぐし、おかげでこのスプーンでたくさん釣れたので自信が持てるようになりました。

しかし、いくらスワンドライブがのりがよくてバラシにくいとはいっても全くバラシが無かったわけではないし、何本かはショートバイトだけで終わったり、アタリは手に全く感じないのに竿先だけクンクンティップが入っていたりしていました。(今日はとりあえず巻き合わせをするようにしてました)今後使い込んで早く「この状態はアタリだからあわせよう」「これの状態はラインが魚に触れただけだ」とかが解るようにもっと使い込んでいきたいと思います。っていうか、また、早くこの竿使って釣りに行きたい(笑)

スワンドライブとMKスプーンの組み合わせをこれからの私の必殺技にしていきます。
by fbsgifu | 2008-03-10 22:55
3月9日(日)、朝6時に某所に集合して、静岡県にあるジュネスに、しんさん、ANさん、ジガーマンさん4人で出撃してきました。私は当初参加予定ではなく、勝手がわかっていて料金が安くて家から近い場所にある月見が原に行って最近購入したばかりのトラウトロッド「スワンドライブ」に慣れる為に釣行しようと思ってました。しかし、前日の夕方にやすやの土岐店さんで季節はずれのスプーンの補強をしていたときにお店の釣り場案内で「月見が原フィッシングセンター3月8日(土)までで通常営業終わり、3月9日(日)からは餌釣りに開放という張り紙を目にして私の釣行計画が・・・・・・・。ジガーマンさん達「鱒オタ連合」御一行様は予定どうりジュネスに出没との事でお誘いを受けていたので、土曜日夜に相当悩みました。月見が原はやめて「北方」でおとなしく釣りするのか、「ジュネス」に突撃するのかという2つの選択肢で悩み続けてました、スプーンに色を塗りながら(笑)手持ちのお金が月見が原に行くつもり分しかなかったので、本当なら北方に行くべきだったんですけど、参加者で出し合う当日の交通費を私が現金は持ち合わせてなくても裏技で出せる方法を思いついたので朝になって急遽ジュネス組みに同行させてもらいました。しんさんのご好意で車もだしていただき、運転もしていただいて無事に現地に到着。

ジュネスさんのHPを見た感じからすると、現場での見た目とHPで見る写真の雰囲気の違いには騙された感はアリアリでしたが、一日券買って釣り場に入ってビックリ・・・・・・・。「鱒だらけ」でした。物凄い数のトラウトが池の中をグルグル泳ぎまわっています。(ですのでプラマイ0チャラです)私は少しでもスワンドライブに慣れようとして張りきりました。まず、ペンタの銀色で1匹釣ったのを皮切りに、持っているスプーンでのカラーローテなどでポツポツと釣っていきました。トラウトアスリートであるANさんは朝のうちだけ不調で、いつもシェイプ一本で釣りまくるジガーマンさんと、つい最近センシティブを買ったしんさんが次々と掛けていきます。
私も何とか付いていこうと必死です。前日からワレット内を整理しなおしてました。以前はペンタならペンタだけを重さ関係なく一つのコーナーにまとめて、その中で色重視で選んで釣ってましたが、今回から銘柄やカラーに関係なく、軽いスプーンから重さの順番にワレットに整理して置いておきました。そしてマーシャルトーナメントの青シルバーラメで(色共通)TYPE1~3で全ての重さで釣ったり、ティアロ1.6ややSEED1.6で青色や黒色を中心に時折赤金などで苦心のカラーローテをしながら釣って行きました。

そうこうしているうちに、ジガーマンさんが60センチオーバーの巨大ニジマスを釣り上げました(しかも2lbで!!!)シェイプがあんなに曲がったのを始めて見ました(笑)しかも私のニジマスバックよりデカかったような気がする(笑)

昼になって午前券のお各さんがたくさん帰って行ったので風裏の場所に移動しました。出だしは不調だったんですが、だんだん傾向が掴めてきたらそこはエキスパートの皆様ビシビシ掛けてはりました。私はクランクの釣りも試しつつ(クランキンピューパSRよく釣れました。テツさん教えてくれてありがとうございます)いろいろと独自の世界で妄想しながら釣りしてました。1時ごろになって今度は私以外の3名が食事に行かれました。ですので今回も私一人で昼メシ抜きで居残り特訓です。風の影響を受けない場所なのでNOAjrの0.6gから再度カラーローテしてやり直していきました。そしてこの日初めて使ったスプーンにかなり驚かされました。

スミスさんの「MKスプーン1g」を使ってみたのですが、このスプーンがマジでヤバかった。デッドスローで巻いても凄くアクションするので、ちょい投げしてかけあがりから岸際にいるマスも釣り上げれる威力があった。たまたま持ち合わせてた3色がこの日のジュネスにあまり合ってなかったけど、それでもポロポロ釣れてました。(似てるのはSeed STと同じでゆっくり巻いても表層を探れるタイプ?)今週の土曜のサンクチュアリの大会でこれをスワンドライブとセットで使ったらひょっとしたらなんて夢が見れちゃうし、エリアエキスパートANさんから使用禁止の声があがるかもしれないくらいのヤバイスプーンだと私は勝手に思ってます(笑)(大会までに買い足さなきゃ・・・・)

食事にいかれてた3名さんが戻られたので、私はこのMKスプーンパターンを試しに、風裏の快適な場所をあとにして結構強めに吹いてる対岸の風下エリアに入りました。こちらにもマスはぎっしりいます。風が強い風下で釣りにくいから横に人はいないので横とか斜め前にチョイト投げてデッドスロー巻きしてランガンしながらポロポロと釣っていきました。

夕方になって最後に朝一番に入った場所に再度、入り今度はこの日朝から釣れてたスプーンを再度投入して何とか最終的に29匹までもっていけました。エキスパートさんたちもこの日は活性の低さに少し苦戦されたようで匹数は50弱でした。(掛けた数は倍くらいあったと思いますがバラシに苦労されてました)

いや~しかし開けた景色で富士山見ながら仲間内でワイワイと管釣りして、釣れたらマスか?っていうくらいパワフルに引くし、デカイのは釣れるし、道中はシモネタからいろんな話でワイワイと盛り上がり珍道中で楽しく最高の休日でした。(ネタに対して単に似てると思ったから言っただけで悪気はなかったのだけど、私が結構毒を吐くショッカーの怪人だった事がばれてしまった)誘っていただいたANさん、しんさん、ジガーマンさん、ありがとうございました。(車を出していただいて、運転もしていただいたしんさんに本当に感謝です。)こっちに帰ってきて、夕食は小牧にある「麺家 りょうま」というお店でみなさんお勧めの「油そば」と「チャーシュー丼」をいただきました。今まで北方で「りょうまで油そば食べに行きますがどうしますか?」と言われても「居残りで釣りしてます」と言っていたのが悔やまれるくらいおいしかったです。

a0083638_2201918.jpg
a0083638_2204363.jpg
a0083638_2257216.jpg

by fbsgifu | 2008-03-09 23:13
3月15日(土)フィッシングサンクチュアリの大会にエントリーしました。
by fbsgifu | 2008-03-04 21:41