(社)全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター 内水面第5754号 バス釣りバカ一代のバサーがブログで復活!管釣りトーナメントを中心にルアーフィッシングの普及の為に日夜活動中!!


by fbsgifu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

幻?サンクチュアリ第3ポンド釣行(70匹くらい)

 本日はフィッシングサンクチュアリさんの第3ポンドに行って70匹くらい釣れた爆釣を味わいましたが、幻だったような気がします。(笑)

 金曜夜の時点で、今日の釣行予定場所は未定でした。4月11日に行われる、管理釣り場ドットコム戦のプラがしたかったのですが、サンクチュアリさんの第2ポンドは急遽工事に入りました。第2ポンドはブレイク際が浅く、その場所にはアオミドロがギッシリ生えているのですが、それはそれで魚を釣ることに関しては有効に使えて、アオミドロがあるからこそのパターンも多数存在するのですが、見た目のイメージが悪いのかして、人が第1ポンドに集中してしまうのでテコ入れ策として、第2ポンドのブレイク際を深くする工事をする事になりました。新生第2ポンドの誕生を楽しみにしたいと思います。金曜夜にサンクチュアリさんのホームページを確認したところ、

「第3ポンドを土日に臨時オープンします」

と出てました。このニュースが発表されなければ、もうすぐ今シーズンの営業を終了してしまう北方行こうと思いましたが、フレッシュな状態で第3ポンドで釣りが出来るのならばと、急遽行き先を変更いたしました。

 8時前に現地に到着し、フロントで一日券を購入して早速第3ポンドへ行きました。きっとトーナメンターさんやフレッシュな魚の反応を求めて人が一杯に違いないと思いましたが、オープン時間から30分位遅れて到着した私が一番乗りで貸切でした。。。。。。その後に一般客の方などと一緒に、「ボトム・バイブル」でおなじみのあのエキスパートアングラーさんが、月刊誌アングリングファンの取材でこられました。取材のサポートとして、知り合いのミノービルダーさんと一緒に来られていた、トラキンエキスパートシリーズに参戦中のメタボンさんにプリッツの「名古屋地区限定小倉トースト味」を差し入れでいただいてしまいました。(ありがとうございました)

 この日は久しぶりのオープンですので、魚の反応は素直でした。最初は表層を早巻きで攻めてパタパタと釣れ続きました。取材班の方々はささっと魚を釣ってすぐに次の場所に向かわれました。(どのように攻略されたのか、発売を楽しみにしています。)この日は第3ポンドの割にはスプーンに反応しないなぁ~。と感じたので、取材班の方が移動されたタイミングでクランクにチェンジしました。そこから12時30分くらいまで延々釣れましました。2回投げたら1回はキャッチするくらい延々と釣れ続きました。いつもの第3ポンドで行われる大会では、クランク投げてもすぐに釣れなくなるはずなんですが、ちょっと巻く速度やレンジを変えればいくらでも釣れ続くので、

「これは幻?」

と思いながらも釣り続けました。お昼までは10人くらいで第3ポンドをシェアして釣ってましたが、私だけ延々釣れ続いているので回りを囲まれてしまいました(汗)結構空いているのに3本くらいしか投げるラインが無くなったのですが、それでも釣れ続きました。

 最近、ボックスのトレイに入っているディープクラピーが60色と多すぎるので、整理して2軍カラーとしてボックスの下に移すなどの対策をしようと考えていたのですが、「このカラーは2軍行き」と真っ先に思っていたいたカラーが今日の大当たりカラーでした。本当に投げてみないと解からないもんですね。なのでいざという時に取り出しにくいですが、トレイはしばらくそのままにしておきます。

 昼の1時前に、KZ君とT田さんが来られた時間帯になって活性が落ちてしまいました。それでもクランクを投げればポツポツとは釣れます。その後、水間さんとO俣さんとI原さんが来られた頃にはいつもの渋い第3ポンドに戻ってました。水間さんにはラインブレイクしてロストしたオリカラクラピーを回収していただきました。(ありがとうございました)お使いで娘さんがクラピーを対岸にいた私の元まで持ってきてくださったので、メタボンさんにいただいた名古屋限定プリッツをプレゼントさせていただきました。

 その後放流はあったものの、チンプンカンプン状態でオレ金ルアーでは釣れず、夕方までポツポツでした。その後渋い中で、拾う釣りは諦めてミノーのアクションを付ける練習をしたりして遊んでました。

 今度、平日中に第3ポンドを休ませる期間があって、再度土日だけ第3ポンドがオープンされる事があるならまた土曜日に狙ってみたいと思います。

 新しいリリーサーの件ですが、サンクチュアリさんのリリーサーはコストフォーマンスは最高なんですが、平谷湖みたいに足場が凄い高い場所での使用を考えると、、、、、、と、いうことで一番の有力候補には違いないですが、他のリリーサーも長さを再度見てから慎重に決めたいと思います。

タックル
1、スワンドライブSD5802XUL+08プレッソ1003(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウトPE3lb+フロロリーダー・リバージ2lb(2ヒロ)

2、トラストTS6802UL+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウト2lb(ナイロン)

3、エリアタクトCATS-63XULT+06ツインパワーC2000S(IOSファクトリーフルチューン)+ファメルトラウト2lb(ナイロン)
by fbsgifu | 2010-03-27 23:09